公的年金

「ねんきんネット」で自分がもらえる年金額を試算できる!

「ねんきんネット」は、自分のインターネットを使い、自分の年金情報を確認し、自分が将来もらえる年金額も試算できます。そして、将来の実態に合わせて様々なシミュレーションもできます。ですので使わないと損です。多くの方に使い方を解説します。
社会保障

「標準報酬月額」とは?わかりやすく解説します!

標準報酬月額とは、サラリーマンの方が給料から引かれる社会保険料の計算の基になる区分金額です。似たような用語もありますが、必ずしも給与の金額とは一致しません。目的は、社会保険料の計算をスムーズに行う為に設けられた制度でもあります。そのしくみについての解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金が支給停止!年金をもらえる方法はあるのか?

特別支給の老齢厚生年金は、言葉の通り、特別に対象者も限定された年金です。しかし、多くの方が、給料と年金の合計額が一定金額を超える為に、支給停止されます。何もしなければ、支給停止された金額は戻りません。では、支給停止されない方法はないのか。解説です。
公的年金

「付加年金」とは?わかりやすく解説します!

毎月400円の保険料の上乗せで、2年で元が取れる。長生きすればする程得をする。それが、付加年金です。付加年金にはメリットもあればデメリットもありますが、非常に効率の高い制度になります。
損害保険・地震保険・共済

新築で火災保険に入る時、どこで入ればいいのか?補償の選び方は?

自宅を新築する際に、必須なのが火災保険です。特に、近年は自然災害や予期せぬ事故・トラブルも増えております。ですので、どこで入ればいいのか、どんな補償を選べばいいのか、非常に重要です。いまだにお付き合いで入る方、副業代理店から入る方も多いようです。果たして、それでいいのか、解説です。
公的年金

年金がいくらもらえるのか?受給額の計算は自分でできる!

人生100年時代。公的年金は老後生活を支える土台です。しかし、多くの方が年金のしくみや自分の年金がいくらもらえるのかを理解されてません。実は、年金の計算は誰でもできるのです。その計算方法について解説です。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAのデメリットを知った上でも始めた方がいい方とは

金融商品に完璧な商品はありません。大事な事はメリットもデメリットも理解した上で、複数の商品で分散投資をする事です。特につみたてNISAはデメリットがあろうが、始めた方がいい方がたくさんおります。その詳細について解説です。
公的年金

年金減額の基準はいくらなのか?働き方を変えれば減額されない?

働きながら年金をもらうと年金が減らされる。これを「在職老齢年金制度」と言います。では、いくらの収入で年金が減らされるのか。そして、働き方を変えれば、年金は減らされないのか。誤解の多い点を解説です。
損害保険・地震保険・共済

地震保険に請求期限はあるのか?請求手続きのポイントを解説

地震保険に入っているけど、請求の仕方が分からない。そもそもいつまで請求できるのか。結局、分からないまま請求されない方が多いようです。地震保険には請求期限があります。そして、請求手続きも簡単です。誰でも気軽に請求できるよう、解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCo(イデコ)の手数料が安い金融機関を解説します

iDeCo(イデコ)は金融庁推奨の金融商品であり、老後資金準備の最強商品です。一方で、手数料も複雑で分かりづらいのが実態です。知らないままiDeCoを初めても、同じ運用成果でも、手数料の違いで大きな差になり事もあります。では、どこの金融機関が安くてお勧めなのか、解説です。