お金を増やす(金融商品)

イオン銀行でiDeCoに加入する時はメリットもデメリットもあり!

イオン銀行のiDeCoは、銀行の中では一番手数料の安い銀行で評判も高いです。しかし、それだけではありません。投資初心者には有難い、365日、いつでも対面での相談も可能です。一方で、デメリットもあります。特に、自社のHPでは完結できず、みずほ銀行へのサイトに移動が必要です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoをやらない方がいい方、やめた方がいい方を具体例で解説

iDeCoは金融庁も推奨する、老後資金の為の最強の金融商品です。多くの方が利用すべきです。しかし、一方でやらない方がいい方、やめた方がいい方もおります。なぜか?明確な理由があります。具体的に5つの例を通して解説です。やれば、将来的に後悔する方。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoを銀行から加入されている方からの相談事例を詳しく解説

iDeCoに加入される方が増えております。一方で、金融機関の選択を安易に考え、付き合いの長い銀行から加入されている方が多いようです。そして、その多くの方の実態が、運用状況も手数料の存在も理解されていないようです。今回は、そんな相談事例を詳しく解説です。
お金を増やす(金融商品)

あなたは大丈夫?銀行からiDeCoに加入されている方の実態を解説

iDeCoは、老後資金準備の為の、最強の金融商品です。そして、多くの方が、銀行から加入されています。更に、多くの方が、元本保証を信じ、「元本確保型」のファンドを選択されてます。果たして、その選択が正しいのか?具体的に検証します。あなたのiDeCoは大丈夫?
公的年金

特別支給の老齢厚生年金がもらえない方とは?具体例で解説します!

特別支給の老齢厚生年金は、名前の通り、特別の方が限定でもらえる年金です。しかし、制度のしくみが複雑な為に、もらえるのにもらわない方がおります。一方で、絶対にもらえない方もおります。では、もらえない方は誰なのか、具体例で解説です。
公的年金

[2021年限定版]今年、特別支給の老齢厚生年金を請求できる方

特別支給の老齢厚生年金に関するご質問、ご相談を多く頂きます。複雑過ぎて理解できないのが実態です。そして、請求できるのに何らかの理由で請求しない方もおります。大事な事は、請求のご案内がきたら、まず請求をする事です。では、具体的に、2021年、誰が請求できるのか。具体的に解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金を遡って請求できるのか?誤解は損するだけ!

特別支給の老齢厚生年金に関する誤解が多いです。せっかく60歳から受給権があるのに、自分は65歳でないともらえないとか、仕事をして収入があるのでもらえないとか、様々な誤解で受給権を逃す方がおります。一方で、一度失いかけた受給権を遡って請求できのか、解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金の手続きをする前に知っておきたい事とは?

老齢厚生年金は2つあります。特別支給の老齢厚生年金と本来支給の老齢厚生年金です。同じ厚生年金でありながら、しくみが違います。更に、特別支給の老齢厚生年金は、特別の方しかもらえない年金なのです。ですので、手続きを誤ると、将来的に後悔する事になる可能性があります。その手続きをされる前に知っておきたい大事なポイントについて解説です。
お金を増やす(金融商品)

松井証券のiDeCoを初心者にお勧めする理由をわかりやすく解説!

松井証券は、インターネット取引専業の証券会社として、日本で初めて東証一部に上場した会社です。創業100年を超える松井証券が、投資初心者に優しい対応をして頂いております。特にiDeCoを始めたい方には、強い味方になります。その対応の内容をわかりやすく解説です。
お金を増やす(金融商品)

マネックス証券でiDeCoを始める方の2つのファンドの選択方法

最近、ネット証券で「iDeCo」を始める方が増えてきました。特にSBI証券や楽天証券の人気は高いです。一方でマネックス証券の評判も高いです。それは、手数料も安く、独自のサービスを提供しているからです。では、どのようにファンドを選べばいいのか。2つの方法を解説です。