公的年金

「老後30年、2000万円不足」報道の誤解

2019年5月22日、金融庁から公表された「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響になっており、その中でも「老後30年、2000万円不足」との部分が数字だけ一人歩きをして混乱しております。では、その2000万円の算定根拠は?真実性はあるのか?解説です。
公的年金

「公的年金制度は破綻する」との声に反論する

2019年5月22日の金融庁の発信文章が元で「公的年金制度は破綻する」との声が広まりました。果たしてそうなのでしょうか。根拠はあるのか?様々な角度から「公的年金制度」について解説をさせて頂きます。
ドルコスト平均法

ドルコスト平均法で失敗しない為の2つの大事な考え方とは

金融庁が推奨する「貯蓄から資産形成へ」に向けて、具体的な手法が「ドルコスト平均法」になります。しかし、ただやればいいというものではないのです。注意点もあるのです。では、失敗しない為の2つの考え方についての解説です。
積立投資(iDeCo、積立NISA)

iDeCoの元本保証型/元本確保型でマイナスになるケースとは

最近、iDeCoを始めたが、実は中味をほとんど理解していなく、且つ元本保証型を選択されている方が多いのが実態です。しかし、元本保証でありながら、実は元本割れをしている現実すら理解されていない方が多いのです。では元本保証型でマイナスになるケースとは、具体的に解説をします。
老後資金準備

老後資金の準備はこれでばっちり!必ず押さえておきたい4つの方法

老後資金の準備が必要ということはわかっているが、何からやればいいのか、どうすればいいのか、方法が分からない方がたくさんおります。では、具体的に今何をすればいいのか、具体的な方法を4つ紹介です。しかし、金融商品に完璧な商品は存在しませんので、最終的にはプロによるアドバイスが必要なのです。
外貨預金

老後資金を外貨預金で作ることは可能?

最近、広告で目にするのが「外貨預金キャンペーン」の金利です。見た目の金利は高く、ついつい興味を引かれますが、よくよく見ると大きな落とし穴があります。併せて、将来の老後資金の準備として活用できる手段なのかを解説します。
積立投資(iDeCo、積立NISA)

つみたてNISAの銘柄変更時の注意点と損をしないための考え方

既に積立NISAに取り組んでいるが、このまま淡々と続けていいのか分からない。銘柄変更がいいと聞いたこともあるが、どういう基準で銘柄変更をすべきかの判断がつかない。そんな方への解説です。
米国債

米国債を購入するならいつがベストタイミング?為替と金利は重視すべき?

米国債に興味はあるが、為替や金利が気になり、いつ買えばいいのか良く分からない方が多いようです。米国債を購入するベストタイミングはあるのか。解説です。
米国債

米国債(利付債/ゼロクーポン債)の売却・償還・満期にかかる税金

米国債を始めたいが、途中で売却した場合や償還の時にどれくらい税金がかかるのか分からず、中々行動できない方。そして、銀行預金に慣れすぎて、米ドルというだけで抵抗感のある方向けの、米国債に関する税金の解説です。
米国債

米国債購入・売却・保管の手数料はどれくらい?注意すべきことは?

米国債に興味はあるが、しくみがよく分からない。金融機関も積極的に販売していないのが現状です。米国債は、投資商品でありながら購入時手数料はなし、運用中の手数料もなし、保管中の手数料もありません。その魅力とリスクについての解説です。