投資で会社も個人も成長したアメリカと日本の違い

投資

皆さん、こんばんは。

お金の極意」をお伝えするブログ。第6号

 

本日は「投資」で会社も個人も成長したアメリカと「投資」が進まない日本の違いについて。

 

 


その前に、昨年、私に強い影響を与えて頂いた方をご紹介します。

 

その名は「星野泰平」さん。

 

ドルコスト平均法協会の代表理事であります。

 

なんと、私よりも1回り(以上か?)も若い。

 

なのに、「投資」について、あらゆる研究、実験、実務経験をされている

 

『この方は本物だ!』

 

すぐに、仲良くさせて頂き、その後、星野さんが来られる「勉強会」には、必ず参加をさせて頂いております。

 

一緒に、お酒も飲みました。

 

それは置いといて、本題です。

 

星野さんから学んだ中で1つだけ、ご紹介をします。

 

たったの24年で開いた日本とアメリカの大きな差

えっ!!「なんだそれ!」 「大きな差

 

では何の差がついたのか?

 

●日米の投信残高の推移(1ドル=100円換算)

日本46兆円(1990年)⇒94兆円(2014年)

⇒24年間で48兆円増やした日本

 

アメリカ106兆円(1990年)⇒1,585兆円(2014年)

⇒24年間で約1,500兆円増やしたアメリカ

その結果

●日米の個人金融資産の推移1ドル=100円換算)

日本1,017兆円(1990年)⇒1,696兆円(2014年)

⇒24年間で679兆円増やした日本

 

アメリカ1,600兆円(1990年)⇒6,830兆円(2014年)

⇒24年間で5,230兆円増やしたアメリカ

 

なんで、こんなに違うの!!

更に、角度を変えた「データ」をご紹介します。

 

1989年12月と現在の日米の株価の比較

日本(1989年12月29日の日経平均株価)

⇒ 38、915円⇒22,011円(昨日)

 

株価が約56%に減少した日本

 

アメリカ(1989年12月のダウ工業株30種平均)

2,753ドル23,348ドル(10月30日)

 

約8.5倍も成長したアメリカ

 

★1989年はバブルの最盛期であり、

比べるのも賛否あるかもしれませんが・・・・

 

それにしても、何故、ここまで違うの??

答えは、簡単です。

アメリカは「ドルコスト平均法」が普及し、「投資」で増やした。

 

日本は金利の低い銀行預金で増えない(1990年~1994年頃はまだ高かったが)日本人の金融資産の約52%は銀行預金です。(しかも0%)

 

更に、言うと、日本は「投資」について「大きな誤解」をされてます。

 

というより、「お金の教育ができていない日本」という表現が正しいのか。

 

皆さん、残念ながら、日本の中では「お金」について学べる機会がないのです。

 

「株式投資は博打」

「株はギャンブル」

「下がったら怖い、損する」

そう思ってませんでしょうか??

 

実は、全て「大きな誤解」なんです。

 

その内容を、毎回、私の「マネーセミナー」で詳しくお伝えしてます。

 

積立体験ゲーム」もこれから開催をしていく予定です。

 

ご興味ある方は、お問い合わせ下さい。

 

最後まで、お読み頂きまして、誠にありがとうございました。

 

 

コメント