相続が発生した時にやらなければならない事

相続・事業承継

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。第9号

 

本日は「相続が発生した時にやらなければならない事」。

ずばり「相続問題」です。  


私は、現在51歳。実は26歳の時に父を亡くしました。

 

ちょうど、銀行の営業が終了し、支店に戻ると、駐車場で支店長が私を待ってました。

 

「高橋君、ごめん・・・。お姉さんから大至急病院に来るよう、連絡あったんだけど、間に合わなかった・・・。お父さん、先程亡くなられた・・・・」

 

「えっ!!」その後、動揺する心、止まらない涙を抑えながら、父の待つ自宅に直行。

 

母からも「ごめん、間に合わなかった・・・」

そんな状況の中、父との2人だけの会話が終わるや否や、私の前に現れたのが葬儀屋の担当者。

 

感情をコントロールできないまま、「葬儀の打合せ」が、長男である私に全て任されました。

 

葬儀屋からすれば日常の仕事でも、私からすれば初めて経験する事。

しかも長い人生で(両親だけを考えると)も2度しか経験できない事が、当時は「相続」の知識が全くなかった私に降りかかりました。

 

そこで、本日は、細かい事は抜きにして、「相続」が発生した場合の実務について解説をさせて頂きます。

 


1.葬儀の準備(葬儀屋との打合せ)・・・余談ですが、葬儀屋は生前中から決めておく事をお勧めします。

 

2.各届出

(1)葬儀前(至急)⇒死亡届け(市役所)

 

(2)葬儀後⇒

健康保険、年金の資格喪遺族年金の請求

埋葬料」「葬祭費」等の請求。

 

労災事故であれば、労災保険関係の請求もあります。

②生命保険関係の保険金請求

③各公共料金等の口座変更等。

 

(3)相続放棄・限定承認の判断と手続き(3カ月以内)

亡くなられた方の財産がプラスの財産よりもマイナスの財産が多かった場合、「相続全部を放棄」もしくはプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ事ができます。

 

その届出期限が3カ月以内です。

 

(4)準確定申告4カ月以内

⇒亡くなられた方が、確定申告をされている方自営業の方等)であれば、その年の1月1日から死亡日までの亡くなられた方(被相続人)の所得について確定申告をする必要があります。

 

これを「準確定申告」といいます。

 

(5)遺産分割協議書の作成、相続税の納税申告

10カ月以内)⇒ここが、一番ヘビー級の作業になります。

この前段階でやるべき大事な事を更に追加します。

 

3.「遺言書」があるのか、ないのか確認。

主な遺言書は2つあります。

 

自筆で書かれた遺言⇒発見したら、勝手に開封できま

せん!家庭裁判所に出向き「検認」という確認手続きが必要です。

(勝手に開封すると、原則として、5万円以下の過料が科せられます)

 

②公的な遺言(公正証書遺言)⇒もし、原本が手元になくても、公証役場で「検索」して頂けます。

「検認」手続きは不要です。

 

4.正式な相続人の確認⇒これは、「戸籍謄本」で確認

するしかありません。

 

5.以外と漏れが多いのが、ご自宅(土地、建物)の名義変更

 

★おそらく、専門的な事が多いので、司法書士や税理士に委託する方が安心です。

 

約29年間、相続の現場にも立会いをさせて頂き、感じる事は生前中にできる事、やるべき事をやられていない方圧倒的に多いです。

 

家庭裁判所に「相続」の関係でご相談をされ、調停された方の約75%は、「相続税を払わなくてもいい方」なんです。

 

どういう事かといえば、相続というのは、相続が発生した後の「相続税の納税」や「遺産分割」の問題よりも、相続が発生した事により引き起こされる「家族間の気持ちの問題」が一番なのです。

 

ここを理解しなければ、「相続問題」は円満解決できません。

 

この「相続問題」につきましても、私の「相続セミナーで詳しく解説をしております。

 

また、各士業(弁護士、税理士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士等)の先生と連携をしながら、相続のご相談も受付しておりますので、お気軽にご活用下さい。

 

また、本ブログをお読み頂きました方で、ご希望の方がいれば、相続診断協会が発行しております、大好評の笑顔相続ノート」を限定5名様だけプレゼントもさせて頂きますので、「お問い合わせ」から申込下さい。

 

本日も、最後まで、お読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. 工藤正彦 より:

    私も似たような経験が・・・

    • nobu1118 より:

      工藤さん、コメントありがとうございます。
      多くの方が、経験したくないけど、一度は経験しなければならない事ですよね。

      高橋信之