パートで働く女性の皆様への提言

世代別・職業別ライフイベント

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。

本日は「パートで働く女性の皆様への提言」です。

第14号


さて、昨今、「働く女性」が増え、「女性の社会進出、

ご活躍」は目を見張るものがあります。

が、一方で、収入を気にしながら、「パート勤務」に

こだわっている方が多いのも現実です。そう

 

●103万円の壁

(これを超えると所得税(住民税)が課税される)

配偶者控除が使える年収限度

*但し、103万円を超えても141万円までは

配偶者特別控除」が適用できます。

 

●106万円の壁

下記の条件に該当すると社会保険に加入しなければならない)

①週の労働時間が20時間以上

②賃金月額が月8.8万円(年106万円以上)

③1年以上の使用されることが見込まれる

④従業員501名以上の勤務先で働いている

 

●130万円の壁(妻の収入がこれを超えると、

夫の社会保険上の扶養から抜かなければならない)

⇒つまり、奥様が自分で国民年金に加入するか、

パート先で社会保険に加入しなければならない。

 

2018年から、上記の配偶者特別控除の金額が

150万円」を超えると減り始めるように変わります。

⇒要は(もう少し働いても税で優遇しますよ)との国

からのメッセージなのです。

 

このような社会全体の流れの中で、収入額の上限を常に

気にしながら、あくまで『目先の手取り』を「最優先

するような風潮が、昔からあるのではないでしょうか?

 

そこで、本日の提言です!

それは違います!

 

目先の手取りを「5万円」増やすより大事な事は、

65歳からの収入を「5万円」を増やす事の方が大事

なのです。或いは、7万円、10万円か)

 

なぜか??理由は2つ!

①現在の高齢者の生活費の収支の平均が既に、

月54,000円の赤字なのです。

 

②女性の方が90歳まで生存する確率は約25%

100歳まで生存する確率は7%なんです!

 

65歳以降の老後生活で(今の高齢者のデータによれば)

もし、90歳まで生存された場合の赤字累計金額は

1620万円

 

100歳まで生存された場合の赤字累計金額は

2268万円なんですよ!

 

結論として、2つの提言です!

(1)社会保険は加入すべきなのです。理由は2つ

①65歳からの手取収入を増やす最大の近道が

厚生年金」の加入です。

大事な事は「65歳」から月「5万円」を増やすために、

毎月どれ位の収入で何年働けば、厚生年金が「5万円」

増えるのかを試算する事であり、今の手取収入を「5万円」

増やす事ではないのです。

これをやらなければ、65歳以降、

本当に苦労するのですよ!!

 

②社会保険に加入するメリットは「年金」だけでは

ありません。

更に2つ。

傷病手当金が使えます!

(病気や怪我で仕事を休んでも標準報酬月額の3分の2が

支給されます。⇒国民年金にはありませんよ)

 

障害厚生年金が使えます!

(一定の障害状態になられた場合に支給され、しかも

1~2級であれば、障害基礎年金と併せて支給されますので

非常に有利です)

 

*しかも、「がん」になっても「障害年金」は程度に

よりますが、受給できる場合もあるのです。

非常に心強い味方なのですよ!

 

(2)今すぐ「老後資金」の準備をスタートです(

まだやられていない方)

漠然とされている方は、是非、私の「マネーセミナー」に

来て下さい。

セミナーでは、更に詳しく解説をさせて頂きます。

 

★次回の「マネーセミナー」のご案内

■12月8日(土)14時00分~16時00分開催分

マネーセミナー開催案内
ー初心者向けのやさしいお金の勉強会ー <人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!> 会場:プラット2.2 札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル1階 定員:10名 参加費:2...

■12月18日(火)18時30分~20時30分開催分

マネーセミナー開催案内
ー初心者向けのやさしいお金の勉強会ー <人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!> 会場:プラット2.2 札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル1階 定員:10名 参加費:2...

 

本日も最後までお読み頂きまして、

誠にありがとうございました。

 

コメント

  1. より:

    厚生年金に加入できる方が羨ましいです。
    扶養の範囲内だからと言って、保険料がかかっていない訳ではなく
    皆で負担しているのです。
    自分の子供達も働きだしたら、高い保険料を払います。
    働いたならば、皆が保険料を払うようになる方が、保険料も下がって、良いと思うのです。
    なぜ、パートだけが払わないのか、いつも疑問です。

    • nobu1118 より:

      この度は、コメント頂きまして、ありがとうございました。
      ご指摘の点、私も非常に大事な事であり、同感です。
      保険料は家族全体で負担しているものであり、
      尚且つ、お仕事をされて、収入がある方は平等にご負担頂き、
      その上で、社会保険の給付に反映できればいいですよね。
      これは、政治のレベルになりますので、国民のご理解、声が
      広まらないと、実現はできないかもしれませんね。
      これからも、ブログに対するご意見等ありましたら、
      遠慮なく頂ければ有難いです。
      ありがとうございました。
      高橋信之