真田丸に学ぶ家族信託の必要性

家族信託
皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。

本日は「真田丸に学ぶ家族信託の必要性」です。第33号

 


私は、最近、テレビを見る機会が減りました。

とはいえ、必ず、見るテレビもあります。

●正月元旦21時からの「相棒」・・・酒を飲みながら静かに。

●日ハムが出る「クライマックス」「日本シリーズ」

そして、NHKの大河ドラマなんですよ。

特に、昨年の「真田丸」は夢中で見てました。

ですので、NHKの受信料は払ってます(笑)

それは置いといて・・・。

本日は、「真田丸」からのお話です。

 

皆さん、覚えてますでしょか?

あの冷酷で寂しがりやの秀吉の晩年の姿を・・・。

どう見ても、今で言えば「認知症」でしたよね。

 

そして、あの場面(見ていない人はご免なさい)

明らかに、「認知症」になったのをいいことにあの徳川軍勢が、無理やり、秀吉に書かせている場面。

 

今で言えば「遺言書」ですよね。

 

つまり、判断能力のない人間に「遺言書」を書かせる。

しかも、本人直筆なので、当時は「有効」。

でも、秀吉の本来の気持ちとは違う内容を書かされた。

 

そこで、ですよ。

もし、その当時に「家族信託」の制度があったら、どうなっていたのか?

 

おそらく、秀吉は、もし自分が認知症になった場合は石田三成に様々な権限を与え、豊臣家繁栄の為、具体的な指示を出されていたでしょう。

 

なぜ、石田三成か??

 

ただ、ひとつ、信用できるからです!

信用できる人間に自分の財産管理を任せたい。

もし、当時、「家族信託」の制度があれば、どうなっていたか??

 

歴史は大きく変わっていたかもしれません。

 

あの「関が原の戦い」もなかったかもしれない。

残念!!

 

そこで、では、今の時代、どの方に「家族信託」が必要なのか!

私が思うに

アパート、不動産を所有されている方

一度、ご検討される事をお勧めします。

理由は?

その前に、もし「家族信託」がなかったら、どうなるのか?

 

認知症になった時点で、「判断能力」がないと認定され、「法律行為」ができなくなるのです。

結果的に、アパート経営を続ける事が困難になります。

具体的には

●大規模リフォームによる収益改善が困難

●入居者とのトラブルを解決するにもオーナーが対応できない

 

では、「成年後見制度」があるでしょ、と思うかもしれません。

 

しかし、「成年後見制度」は裁判所の関与があり、非常に固い制度なので、基本的にアパートの大規模フォームや、収益率の改善等、かなりの制限がかかります。

 

結果的に、せっかくの財産の有効活用はほとんどできません。

 

成年後見制度」を批判するのではなく、制度のしくみがそうなのです。

 

ですので、自分の気持ちを確実に形にしたり、自分の望む方に財産を相続したいのであれば、「家族信託」が有効なのです。

 

ちなみに、「家族信託」の事を詳しく知りたいのであれば、「家族信託普及協会」という組織があり、そこで認定されている専門士がいます。

 

興味のある方はこちらを覘いてみて下さい。

一般社団法人 家族信託普及協会
家族による財産管理、承継の新たな手法一般社団法人 |家族信託普及協会

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. 豊田博文 より:

    おはようございます。
    TV見てないんですねぇ。勉強し過ぎでしょ!
    僕と間逆だわ(笑)
    兎に角、家族信託!またまた勉強になりました。

    • nobu1118 より:

      おはようございます。
      実は、最近はほとんど勉強できてません。
      時間に追われる毎日です。
      余裕持った人生に転換を目指してます(笑)

  2. 工藤正彦 より:

    上手い❗
    切り口が
    すなわち戦術が❗\(^-^)/