離婚する前の大事な知識

リスクに備える

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.40

 

本日は「離婚する前の大事な知識」です。

 


先週、ある有名なご夫婦の離婚成立が発表されました。

 

プライベートな事に対し、口を挟む事はしません。

 

が、最近熟年離婚が増えている感じを受けております。

 

 

そこで、「お金の専門家」の立場から、離婚する前に知っていて欲しいお話しを。

 

年金分割の勘違い

10年前でしょうか。

 

厚生年金法が改正になり、離婚された場合、ご主人の年金の半分が、妻に分割される、と思い込んでいる方。

 

ポイントだけまとめますね。

 

●そもそも分割されるのは厚生年金であり、

 

自営業の国民年金は対象外。

 

2008年4月1日より前か以降で法律が変わります。

 

簡単に説明すると

 

①2008年3月31日までの離婚は、双方の話し合いで、合意分割ができ、最大で2分の1。

 

②2008年4月1日以降の離婚は、話し合いは不要。強制的に2分の1

 

しかも、対象になるのは「婚姻期間」のみ。

 

*ですので、離婚される前に、一度専門家に年金分割」について、具体的な分割できる金額を確認れた方がいいですよ。

 

婚姻期間」が少ないと、当然分割される年金も少なくなります。

 

そもそも、本来、65歳から受取ると予定の年金の金額を理解されてますか?

 

そこから始めて下さいね。

 

 

相続の権利

離婚しなければ、本来、ご主人の相続財産の2分の1は法定相続として認められておりますが、離婚した時点で消滅します。

 

遺族年金の権利

離婚しなければ、仮にご主人が死亡された場合に、自分の老齢基礎年金に、ご主人の厚生年金の報酬比例部分4分の3を受取る事ができます。

 

しかも、年金分割と違い、結婚する前のご主人の全期間が対象になりますので、非常に手厚く、しかも非課税です。

 

この権利も消滅します。

 

再婚された場合

再婚された場合は、新たなご主人との間で、相続の権利、年金の権利もできます。

 

が注意は必要です。

 

再婚される相手に子供がいた場合、相続人が増える事で、トラブルになる可能性は高いのです。

 

要は、子供からすれば、本来頂ける相続財産が少なくなるのです。

 

他にも、財産分与、慰謝料、養育費等々、様々な問題が発生します。

 

がこの辺のお話しは弁護士の管轄になりますので、コメントは控えさせて頂きます。

 

個人的な見解として、「お金」だけを見ると、離婚によるメリットは双方ともほとんどありません。

 

できる事なら、離婚にならないよう様、日頃のコミュニケーションが大事ですね。

 

★次回の「マネーセミナー」のご案内

 

■12月18日(火)18時30分~20時30分開催分

https://nobu0824.com/events/%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%8b%e5%82%ac%e6%a1%88%e5%86%85-20/

■10名以下の小人数開催

■質問し放題

■笑いが絶えない2時間

そんなセミナーです。

お気軽にご参加下さい。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. 豊田博文 より:

    おはようございます。
    離婚。怖いですね。
    流石、お金の専門家。
    私も勉強しなければ!
    今日もありがとうございました。

    • nobu1118 より:

      お疲れ様です。
      私の周りも意外と、離婚されている方多いです。
      でも、その前に「お金」の事を勉強もしておかないと
      公開する事もあります。
      生涯、勉強ですね。