年金の開始時期は超重要!

老後の生活・準備

皆さん、おはようございます

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.44

 

本日は「年金の開始時期は超重要」です。

 


本年も後4日ですね。

昨日に続き、「フリーランス」の方にお伝えしたい情報です。

 

「フリーランス」以外の方にも大事な情報ですので、お付き合い下さい。

 

今の時代、基本的には65歳から受給できる年金(細かく言えば生年月日により60歳からでも受給できますが・・・)についての情報です。

 

厚生労働省が2017年3月に発表した「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」から

●国民年金老齢年金の繰上げ・繰下げ状況(総数)

・繰上げ  35.6%(60~64歳で受給開始)

・本来   63.1%

(65歳、もしくはご年配の方は60歳から受給開始)

 

・繰下げ   1.4%(66~70歳で受給開始)

 

*上記を「新規裁定」(つまり平成27年に年金の請求をされた方のみ)に限定すると

 

・繰上げ  10.9%

・本来   87.1%

・繰下げ   2.0%

 

このデータを見て、「お金の専門化」の立場から言えば、正直残念に思いました。

 

繰上げと繰下げの違いです(超重要)

●繰上げ  例えば本来65歳からの受給を60歳開始に変更します。

 

減額率が0.5%(1月)×60カ月30%の減額が終身です。

779,300円(本来の満額年金)×70%=545,510円・・・①

 

●繰下げ  例えば本来65歳からの受給を70歳開始に変更します。

 

増額率が0.7%(1月)×60カ月42%の増額が終身です。

779,300円(本来の満額年金)×142%=1,106,610円・・②

 

*②-①=561,096円

 

つまり、年金の受取を開始する年齢を60歳にするか、70歳にするかで、年間で56万円が終身で変わってくるのです。

 

月5万円弱の差はでかいですよ!!

 

なぜなら、今の年金生活者の1月間の収支は54,000円の赤字なんですよ!!

 

ちなみに、65歳から満額受給された場合と70歳から繰下請求で受給された方の損益分岐点は81歳でした。

 

詳しくは、11月10日付のブログを・・・。

https://wp.me/p9sIES-7q

 

 

個別のご事情がありますので、何歳から受給すべきか、結論は出せませんが、私の見解は

 

1.若い時に年金のしくみを理解する事。

2.若い時から老後の生活費の準備をする事。

 

以上の2点はうるさい位に日々叫んでます(笑)

 

詳しく勉強されたい方は、「マネーセミナー」にお越し下さい。

 

■12月18日(火)18時30分~20時30分開催分

https://nobu0824.com/events/%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%8b%e5%82%ac%e6%a1%88%e5%86%85-20/

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント

  1. 豊田博文 より:

    こんにちは。
    年金受給者になる前に学習できてよかった!
    でも、自分年金に支出する財源を確保しなくては。
    今日もありがとうございました。

    • nobu1118 より:

      お疲れ様です。
      年金の知識は大事ですよね。
      早い段階での勉強が必要です。
      一緒に勉強しましょう。