iDeCoとは確定拠出年金のことなんです

お金を増やす(金融商品)

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ」Vol.45

 

iDeCoとは確定拠出年金のことなんです


確定拠出年金とは

元祖はアメリカです

iDeCoの始まりはアメリカなのです。

アメリカは、通称「401Kプラン」として企業にも従業員にも支持をされたのです。

そして、その中身は税制優遇された企業年金なのです。

 

 

日本では2001年にスタートしました

日本では、実は2001年から始まっていたのです。

そして、確定拠出年金は、企業型と個人型に分かれます。

 

企業型については、1962年に導入された適格退職年金の廃止に伴い、後継の企業年金制度として導入が進みました。

 

一方で、個人型については、適用対象者が限定され、中々加入者が増えてませんでした。

 

2017年からiDeCoとしての新たなスタートです

今まで一部の対象者しか加入できなかった確定拠出年金」。

 

それが、公務員や主婦の方等、20~60歳の方であれば、ほぼ誰でもが加入できる制度に生まれ変わりました。

 

そして、ネーミングまでできました。

本来は、「確定拠出年金個人型

それを「iDeCo(イデコ)」というニックネームで生まれ変わったのです。

 

果たして加入者は増えたのか?

2017年1月から再スタートした「iDeCo

では、加入者は順調に増えているのか?

 

国民年金基金連合会で公表してます月別の新規加入者の数です。

●1月  26,705人

●2月  49,020人

●3月  53,814人

●4月  59,918人

●5月  29,604人

●6月  34,515人

●7月  36,066人

●8月  37,498人

●9月  33,421人

●10月  36,754人

 

*国、金融機関、マスコミ等々が総力を上げて宣伝した効果もあり、4月までは順調に加入者が増えました。

 

ところが5月以降はどの月も4万人を下回り勢いが落ちてきました。

 

ちなみに、国民のどの程度の方が加入しているのかを示すデータを紹介です。

●日本人の20~60歳未満の人口 

6,218万人

 

●iDeCoの加入率・・・約1%

●企業型の加入率・・・約10%

●iDeCo+企業型の加入率・・・約11%

 

日本人の中で加入可能な方の中で、実際に加入されているのは1割程度というのが実態なんです。

 

iDeCo(イデコ)は老後資金準備の最強商品です

アメリカと同様に、税制が優遇された優れた商品が「iDeCo」です。

そして、老後資金準備には欠かせない商品であります。

 

しかし、残念ながらiDeCo」が伸びてません・・・。

 

1年間、いわば国が総力を挙げての結果です。なぜ、ここまで低いのか?

 

私の見解です。

1.国は商品のメリットしか説明していない。

2.投資教育、投資の基本を伝えてない。

3.ドルコスト平均法を伝えていない。

 

以上の3点です。

 

そして、お金を本格的に増やしたい方、老後資金の準備を始めたいけど、誰に相談したらいいのか分からない方は、「個別相談」をご活用下さい。

 

個別相談に申込します

全国対応をさせて頂いております。

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント

  1. […] iDeCoを徹底解説iDeCoは金融庁が推奨する、積立投資の代表的な商品です。しかし、意外と苦戦しているのが実態です。その中味、しくみを徹底解説させて頂きます。nobu0824.com2017.12.28 […]