人生100年時代 お金を増やせる環境になってきました

お金の勉強・基本

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ」Vol.46

 

人生100年時代 お金を増やせる時代になってきました


2018年。

いよいよ、日本も「人生100年時代」です。

 

そして、長生きすれば、当然お金が必要になります。

 

で、いつか準備しますか?

 

それは「今でしょー」

 

これは、冗談ではなくなってきた現実の問題です。

しかし、喜んで下さい。

ここ数十年の中で、2018年程、「お金を増やせる」環境が充実している年はありませんよ!

 

まずは、その理由からお話しさせて頂きます。

 

1.つみたてNISAがスタート

2.日本株も世界株も好調

3.国も税制面で支援

 

本日は、3の、(国の税制)の話題から2つ

 

自営業・フリーランスに有利!

自営業・フリーランスは減税

2018年は年収850万円以上のサラリーマンの方が増税になります。

 

一方で、自営業、フリーランスの方は、基礎控除の拡大(10万円)により減税になります。

(但し、売上が2,400万円以下の方です)

 

で、気になったので、具体的に所得税の計算しました。

<例>売上500万円、経費が300万円、所得200万円

●昨年まで 200万円(所得)×10%(税率)-97,500円(控除)=102,500円

 

●今年から 190万円(基礎控除20万円増額)×5%=95,000円

 

102,500-95,000=7,500円減税額

えっ!------------------

たったの7,500円と思うのか。

 

なんだ、銀行定期に900万円預けた時の利息だ!

 

ラッキー!と思うのかはあなた次第ですが・・・。

(0.1%で試算すると、税引で7,200円です)

 

iDeCo(イデコ)を活用することで減税効果が倍増以上になる

ここで、iDeCoの出番です。

iDeCoは掛金が全額所得控除できます。

上の自営業の方がiDeCoを始めたと仮定して、3パターンで見ていきましょう。

 

月1万円(年間12万円が所得控除)

178万円(所得)×5%(税率)=89,000円(所得税)

減税効果 102,500円ー89,000円=13,500円(減税金額)

 

月3万円(年間36万円が所得控除)

154万円×5%=77,000円

減税効果 102,500円ー77,000円=25,500円

 

月5万円(年間60万円が所得控除)

130万円×5%=65,000円

減税効果 102,500円ー65,000円=37,500

 

*ちなみに銀行定期に1年間4,700万円預けると税引後で37,600円です。

 

つまり、自営業、フリーランスの方は月5万円の運用する事で、4,700万円を1年間銀行定期にした場合と同じ効果が生まれるのです。

 

月5万円の運用と、4,700万円の1年運用、どちらを選択しますか?

聞くまでもありませんね。

 

はい、ここで終わりませんよ!

 

では、頑張って毎月3万円を20年間投資され、平均3%の利回りだったらどうなるか?

 

●月3万円×12か月×20年=720万円(払込総額)

⇒20年後には約980万円になります。

260円増

 

20年間の減税効果も51万円まで拡大します。

*何もしない方と、具体的に行動された方で大きな差が出ます!高級車が1台買えますね。

 

 

賃上げ税制

簡単に言えば、従業員の給料を上げたら、会社の税金も下げますよ、との事。

 

中小企業であれば、昨年の平均給与と比較して1.5%以上増加していれば、法人税を15%控除しますよ、との事です。

 

更に、2.5%以上で人材投資を1割以上増やせば、給与増加分の25%を控除できます。

 

当然ではありますが、黒字企業が対象になります。

 

反応してくれる経営者が多いといいですね。

 

但し、1と同じように、1.5%程度のアップであれば、金額にして僅かなのです。

<例>

30万円×1.5%=4,500円(こんなもんです)

 

ですので、先程のiDeCoのように、複数以上の控除制度を組み合わせる事で、長期的な視点で見れば思わぬ効果が出てきます。

 

例えば、賃上げ+確定拠出年金(企業型)制度の導入、一度検討してみませんか?

お手伝いさせて頂きますよ!

会社も従業員も喜ぶ組み合わせです。

 

小さい事でも、具体的に目標を立てて、実効される方と何もされない方では将来的に大きな差が出ます。

まずは、一緒に勉強しませんか?

 

今年も皆様の将来の幸福の為に、お役に立つ情報発信に努めてまいりますので、宜しくお願いいたします。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント