お金を増やす王道は「複利」の凄さを知る事

複利

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.52

 

本日はお金を増やす王道は『複利』の凄さを知る事

 


2018年も早、15日。

皆さん、今年の目標は確実に進んでいますか?

 

私は、本年1日1時間以上の散歩、そして、「読書」(時間は決めてません)を毎日の日課として

進めております。

 

そして、先日、嬉しい事が!

 

尊敬する青木寿文さんから、大切な本を2冊もお借りする事ができました。

 

ちなみに、青木寿文さんは、銀行、証券会社で実務経験をされた後、今はプライベートバンカーの資格を有しながら、日々地道な研鑽をされている、知る人ぞ、知る金融のプロです。

 

私が尊敬している部分はこんなに凄い方でも謙虚に学ぶ、努力されている姿です。

 

こんな方が、近くにいて私は幸せです。

そして、この度、私が「買おうかなー」とつぶやくと「貸してあげますよ」となったわけです。

 

それが、この2冊。

お借りした日に一気に100ページ程読ませて頂きましたが、目にうろこ状態です。

皆さんにも読んで頂きたい!

 

その中でも、ご紹介されております。

複利」についてのお話しです。

 

多くの方は、銀行で定期預金をされた経験があるかと思います。

その時に、銀行員から単利と複利の説明を聞いた事はありますか?

 

実は銀行の定期預金も

①何も知らなければ自動的に単利。

②何をしなくても自動的に複利

③意識をすれば、複利にできる

ざっと、こんな3パターンに分かれます。

 

具体的に説明しますね。

①100万円を1年定期・・・単利

②100万円を3年の期日指定定期・・・1年複利

③100万円を1年自動継続利息元加方式・・・1年複利

 

*自動継続には他に「増えた利息だけを自動的に普通預金に入金する方法」もあります。

そうなると単利になります。

 

では、条件を金利5%、期間3年で利息はどうなるか?

(税引前)

①50,000円×3年=150,000円

 

②50,000円+52,500円+55,125円

=157,625円

 

③50,000円+52,500円+55,125円

=157、625円

 

■単利は、単純に、毎年100万円に5%を掛けるだけ。

■複利は、2年目以降は、

1年間で増えた利息分を追加して5%掛ける

 

つまり、1年や2年では、金額が小さいのですが、期間が長くなれば、凄いのですよ!

 

■100万円を5%で運用しました。

元金+利息の合計です。

10年後 単利は150万円、複利は162万円(+12万円)

15年後 単利は175万円、複利は207万円(+32万円)

20年後 単利は200万円、複利は265万円(+65万円)

25年後 単利は225万円、複利は338万円(+113万円)

30年後 単利は250万円、複利は432万円(+182万円)

 

このように、例えば30歳の時に、100万円を銀行に預けました。

単利か複利の違いだけで60歳の時に182万円の差が生じます。

 

更に、細かく補足しますと、複利は1年複利よりも6カ月複利(かつての郵便局の定額貯金)の方が威力倍増します。

 

ところが、残念ながら、今の金利情勢では、銀行や郵貯では「複利」で運用されても、ほとんど増えません。

 

何せ0金利です。

正確には0.010%(定額貯金金利)

 

ですので、今の時代、安全に、効率的に増やす方法を一緒に勉強しませんか。

 

マネーセミナー」では更に詳しく解説をさせて頂きます。

 

 

■10名以下の小人数

■質問し放題

■笑いが絶えない2時間

 

こんなセミナーです。

お気軽にご参加下さい。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

コメント

  1. 豊田博文 より:

    おはようございます。
    高橋さんの日々の勉強力に感銘いたします。
    僕は聖教と大白でいっぱいです。

    • nobu1118 より:

      豊田さん、おはようございます。
      勉強は10年前から目覚めました(笑)
      もう少し若い時に勉強していれば、人生変わっていたかもしれません。
      そんな反省も込め、多くの方に伝えたいのです。