日本人の大きな誤解とは

投資

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.55

 

本日は「日本人の大きな誤解とは

 


今年は、新聞を見ても、連日見る言葉、それが人生100年時代」ではないでしょうか。

 

特に、女性の方は、今現在でも4人に1人が95歳まで生存されております。

なおかつ、7%の方は100歳まで生存されております。

今後益々、平均寿命が伸びるのは間違いありません。

 

 

そして、長生きする為に必要な事。

それは、「健康」であり「お金」です。

私は「お金の専門家」の立場から、日本人の大きな誤解をお話しさせて頂きます。

 

今だ、銀行定期でしか、資産運用をされていない方の多くの認識が

①「投資は下がったら損をする」

②「リスクが大きいから危険」

この2点について解説をさせて頂きます。

 

①ですが、投資の基本は何か?

投資の基本=口数×価格 なんです。

 

では、口数について補足します。

■口数は毎月増え続けます。

■口数は減りません。

■価格の高い時は少なく買う。

■価格の低い時は多く買う。

■投資は「量」を買う行為です。

 

つまり、価格が下がった時は、『量』を買うチャンスなんです。

 

多くの日本人の勘違いは、リーマンショックのような事態が発生すると「やはり投資は危険」、「やめた方がいい」と思っていませんか?

 

例えば、同じ投資でも1社の株式で投資されている方、その方はそもそも投資の基本である「分散投資」をされていないので、損をします。

 

ちなみに、今の件は私の失敗談でもあり、昨日のブログでも詳しく書かせて頂きました。

 

銀行員だった私でさえ、間違った投資をしてしまった20代の自分。

 

その反省を多くの皆様にもお伝えしたいのです。

そして、成功体験を掴んで欲しいのです。

 

さて、話しは戻りますが、では、リーマンショックの時に分散投資をされていた方は損をされていたのか?

②の部分も含め、具体例でお話しさせて頂きます。

 

先日、ゆうちょ銀行から頂きました「つみたてNISA」のチラシの内容を紹介します。

●2005年10月を基準(仮に価格を100とします)

●投資は(国内債券、国内株式、国内リート、海外債券、海外株式、海外リート)にバランス運用つまり分散です)

 

●2008年9月のリーマン・ブラザーズ破綻で価格が70を切りました。

 

●2012年10月に価格は100に戻りました。

 

●2016年10月現在、価格は153

 

●2005年10月~2016年10月までの平均収益は4.0%です。

 

*例えば2005年10月から、毎月1万円を「バランス運用されていた方の成績は

●払込金額合計 132万円(1万円×12カ月×11年)

●投資成績   165万円

(リーマンショックの時に止めていてば元本割でした)

 

非常に分かりやすいチラシでしたので、先日のマネーセミナでも紹介をさせて頂きました。

 

つまり、大事な事は何か?

 

■投資は分散投資が基本

■価格が下がった時は「量」を買うチャンス

■長期になればなるほど、リスクは低減できる

こんな、お話しを「積立体験ゲーム」を交えながら、マネーセミナー」で勉強しております。

一緒に、勉強しませんか。

 

先日のセミナーも20代から60代まで多くの皆様にご参加を頂きました。

 

 

 

本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. 豊田博文 より:

    おはようございます。
    昨晩のビットコイン急落の話もあり、投資は勉強が不可欠ですね。
    子供らに質問を受けても明確な回答ができず、まいりました。
    23日のセミナーの時にでも教えて下さい。

    • nobu1118 より:

      おはようございます。
      そうですか、大変でしたね。
      私も、毎日が勉強です。
      一緒に学びましょう。