児童手当の活用大作戦

積立投資(iDeCo、積立NISA)

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.57

 

本日は「児童手当の活用大作戦

 


本日は、先日の「マネーセミナー」のご参加者からの相談事例です。

 

26歳の男性です。

4月にお子様が出生予定で、併せて児童手当が支給されます。

では、「どのように活用すればよいのか」、とのご相談でした。

 

児童手当の支給はこんな感じです。

■0歳~15歳年度の3月末まで支給されます。

 

■毎月1万円、但し、①3歳未満、②お子様3人目からが1万5千円

 

■実際の支給は4カ月分まとめて支給。多くの自治体は

6月(2月~5月分)、10月(6月~9月分)、2月(10月~1月分)と3回に分けてます。

 

*所得制限により、支給額が5,000円になる方もおります。

扶養親族等の数により年収が833万円~1,042万円以上)

 

具体的な活用方法とは

■専用の受取口座を準備する。生活用決済口座とは分ける。

 

■5千円を3口に分散する。

 

■積立NISAを1口か2口or変額保険を1口か2口

*ご参考までに某A生命の変額保険を試算(26歳男性)

・月5千円、満期を80歳⇒死亡保険金額450万円

*つまり、変額を2口(1万円)にすれば、死亡保険金額は900万円。

 

変額保険を1口にするか2口にするかの判は、万一の際の遺族年金の金額、その方のライフプラン、社からの弔慰金の金額、他の生命保険加入状況を基に個別に判断させて頂きます。

 

変額保険について詳しく知りたい方は↓の記事を

変額保険
お勧めする金融商品は時代と共に変わります。今の時代の有力な金融商品の1つが「変額保険」です。しかし、有力な商品にも関わらず、販売をしている保険会社、販売実務経験者が少なく、正しい情報が伝えられていないのが最大の問題です。ポイントは世界経済に

 

積立NISAを詳しく知りたい方は↓

積立NISAを丸裸
「貯蓄から資産形成へ」金融庁が推奨する積立投資。その代表的な商品が「積立NISA」です。20歳以上の方であれば、誰でもできる。その中味を丸裸にしました。

 

■4歳以降は、児童手当が1万円になるので、その分は別枠で拠出する。

 

■併せて、16歳~18歳までの期間は児童手当が終了するので、別枠で拠出する。

 

■ファンドの選定

①積立NISAは途中での変更はできないので、株式割合は40~50%程度。

目標3%

 

②変額保険は途中でのファンド変更可能なので、株式割合は60~70%程度。

目標6%

 

*上記の内容で18年間運用すると、大学入学時に約452万円確保。(払込金額の累計は324万円)

 

ファンドについてよく分からない方は↓

ファンドとは何なの?
ファンドとは投資をする際のポートフォリオであり、商品です。そして、見本となるファンドの代表がGPIFです。その基本方針と基本割合を参考にして積立投資をされてはいかがでしょうか。

 

■お子様18歳時点で株式相場が低迷している場合は、一時的に奨学金か教育ローンで準備。株式相場が復帰した段階で解約し、相殺する。

 

*現実の問題として、18歳の時点で452万円の受取では十分ではありません。

 

ですので、このブログで何度も書かせて頂きましたが、お子様の出生から準備するのではなく、結婚した時点、もしくは、その前からの教育資金の準備を推奨しております。

 

金利の安い奨学金ですら、返済ができず、ご苦労されている若き社会人がたくさんおります。

 

更に、日本は「お金の教育」を受ける機会が極端に少なく、金融の知識が世界の中でも低いと言われております。

 

ですので、20代の早い段階から「お金の勉強」が必要なのです。

このブログを読まれております、50代、60代の方は、是非、ご自身のお子様に教えて頂きたいのです。

 

まずは、「マネーセミナー」へお越し下さい。

 

一緒に学びましょう!

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント