投資信託はミックスジュースです

投資信託

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.59

 

本日のは「投資信託はミックスジュースです


昨年から始めてます「マネーセミナー」や、お会いした方に「投資信託」を利用した事があるか、聞く機会が多いのですが、感覚的に10人中1人か2人しかおりません。

 

先週お会いしました某税理士の先生にも聞きました。

 

が、「株のしくみが分からない」「全て銀行に預けている」との事で、やはり日本人の銀行利用は根強い事を感じました。

 

そこで、本日は「投資信託」について、本当に基本の部分について書かせて頂きます。

 

1.このブログで毎回書かせて頂いております「iDeCo積立NISA」「変額保険」は基本的に全て「投資信託です。

但し、「変額保険」は投資信託と生命保険を組み合わせた商品です。

 

2.投資信託での運用は①まとまった資金を一時払運用ができますし、②毎月、定額の積立方式での運用もできます

 

3.株式投資と違い、日頃、相場を気にする必要はありません。

極端に言えば、20年間ほっといても大丈夫です。

(初心者の方は中々理解できないかもしれませんが・・・)

 

4.株式投資と混同されている方が多いですが、根本的に違うのは

分散投資が基本である事、

短期的な売買はしない

(但し、現実的に金融機関に勧められ5年位の期間で繰り返し売買をされる方もおりますが、それは、はっきり言わせて頂きますが、間違ったやり方です。多くの場合損をしています)。

 

5.少額から投資できます。通常は毎月1万円が基本でした。

が、最近は5,000円、1,000円、100円。

 

金融機関により誰でも気軽にできるようになりました。

 

6.飲み物に例えると、株式投資はビールや日本酒、投資信託は「ミックスジュース」。

 

つまり様々な栄養分が分散されております。

ですので健康にもいいのです。

 

ビールや日本酒は飲みすぎると病気になります。

本当に、ビールや日本酒に強い方だけが飲めばいいのです。(この説明で理解できる方は凄いですよ)

 

一方で、注意点もあります。

7.商品数が常に5,000~6,000あります。

この中から自己責任で選択をしなければならない。

 

8.様々な手数料があります。

金融機関により違いますので、事前準備、研究は必要です。

 

9.損をする時もあります。具体的には

①短期運用される方

②相場が下がった時に解約をされる方

これについては「マネーセミナー」でも詳しくお話しをさせて頂いております。

 

一番の問題は、日本という国は「お金の教育」をしない国なんです。

私は義務教育でやるべきだと思ってます。

それ程大事な事なのです。

 

ですので、私は「マネーセミナー」を開催し、皆様と一緒に学んでおります。

くの皆様とのご縁を楽しみにしております。

 

★次回の「マネーセミナー」のご案内

 

■12月18日(火)18時30分~20時30分開催分

マネーセミナー開催案内
ー初心者向けのやさしいお金の勉強会ー <人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!> 会場:プラット2.2 札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル1階 定員:10名 参加費:2...

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. 豊田博文 より:

    おはようございます。
    昨日はありがとうございました。
    何を始めればいいのかわかりませんが、待ったナシでスタートをしなければ!!と
    強く思いました。

    • nobu1118 より:

      おはようございます。
      昨夜は、悪天候、お疲れの中のご参加、大変にありがとうございました。