株式投資と投資信託の違い どちらを買えばいいのか?

お金の勉強・基本

知らないと人生を10倍損する金のしくみ」Vol.61

 

式投資と投資信託の違い どちらを買えばいいのか?


株式投資の特徴

個別の企業に投資

どの企業に投資をするのかは、自分で決めます。

そして、その企業が順調に成長するのかも自分の目で観察します。

 

 

ある程度まとまった資金が必要

株式を購入するには、最低限必要とされる売買単位があります。

2018年10月から売買単位が100株に統一されました。

 

ですので、株価が高い銘柄を購入する場合は、大きな資金が必要です。

 

株主優待や配当が期待できる

株式投資をされる方の一番の楽しみは株主優待や配当です。

中には株主優待の中味で購入する企業を決めてる方もいるようです。

 

配当は企業の業績により変動があります。

 

 

投資信託の特徴

分散投資ができる

株式投資は個別の企業に投資をします。

一方で、投資信託は最初から多くの企業に分散された形で購入できます。

 

つまり、自動的にリスクが分散されます。

 

少額からできます

積立投資であれば、毎月1,000円や5,000円といった少額からスタートできます。

ですので、誰しもが気軽にできるのが投資信託です。

 

 

運用はプロにお任せ

ファンドは自分で選びます。

しかし、選んだ後は、全てプロに一任する事になります。

 

 

 

株式投資と投資信託、どちらを買えばいいのか?

キャベツと肉の比較から

2018年1月25日付の記事で、キャベツの話題から株について書かせて頂きました。

 

本日は、キャベツではなく「肉」にします。(笑)

 

では、肉ばかり食べ続ければ、健康にいいのでしょうか?

 

例えば、人生50年間。

①肉だけを食べ続けた方

②肉野菜炒めと魚を食べ続けた方

 

どちらが、健康状態はいいでしょうか?

 

やはり②ですよね。

おそらく、長生きもでき、余計な医療費もかかりません。

 

おまけに①であれば、常に体重や血圧、健康診断の結果を気にしならが生きていかなければいけないかもしれません。

 

 

実は①が株式投資

②が投資信託なのです。

 

決して、私は肉は嫌いですが、「肉」自体は否定していません。

 

同じように、初心者の方に1社株の購入はお勧めしません。

 

しかし、株を否定しているのではなく、私の失敗談のように「拓銀株」だけではなくトヨタやNTT、ソフトバンク等々の他社の株や、様々な世界中の債券を組み合わせる事で威力を発揮します。

 

それが、「投資信託」です。

 

初心者には投資信託がおすすめ

つまり、「投資信託」は栄養が十分で且つリスクも分散されているのです。

 

そして、投資信託には、更に「iDeCo」「つみたてNISA」「変額保険」等の今の時代に効率よく運用できる商品があるのです。

 

はい。

しかし、「投資信託」もいい事ばかりではありません。

 

栄養は十分ですが、高い栄養を取ろうと思えば、やはりコストはかかりますよね。

それが、投資信託では「手数料」です。

 

 

また、野菜や魚は種類がたくさんあります。

 

食べ方を間違えれば、アレルギーになったり、病気になる事もあるかもしれません。

 

それが、投資信託では「ファンド」になります。

 

つまり、自分に合った食料を選ぶ。

しかも、なるべくコストを抑えながら。

 

投資信託も実は、「金融機関」を選ぶ事、「ファンド」を選ぶ事。

これが一番難しいのです。

 

ですので、「お金の勉強」が必要なのです。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント