50代の今やるべきお金の対策

世代別ライフイベント

知らないと人生を10倍損する金のしくみ」Vol.71

 

50代の今やるべきお金の対策

 


最近、お会いする方によく言われます。

 

「高橋さんは個人情報も顔写真も堂々と出されて凄いですね」

 

褒められているのか、半分馬鹿にされているのか、呆れているのかは不明ですが(笑)

 

 

でも、以下の2点はお伝えしておきますね。

1.人生50代になれば隠す物はありません。併せてコソコソする生き方は嫌いです。

 

2.これからの20年間は、「人生最後の大仕事」と決意をしております。

金融実務経験での体験談を隠さずに多くの方にお伝えしたいのです。

 

 

そして、本日は、私の今現在の体験を踏まえ「50代のお金の対策」というテーマで書かせて頂きます。

 

健康を最優先にする

人間ドッグは必ず毎年受診する。

要再検査、要治療等があれば、無視しない。

必ず医師のアドバイスに従う。

 

健康でなければ、仕事はできない。

安定した収入を確保する事も困難になります。

 

ですので、健康を維持する事が1番大事なのです。

 

 

生命保険に入るラストチャンス

健康でなければ、生命保険に加入する事はできません。

つまり、保険の見直しも50代で健康な時が、ラストチャンスになります。

 

 

借入は50代で完済する

住宅ローンを含め借入は、極力、繰上返済をする。

特に、金利の高いローンを最優先。

当たり前に払っているローンの返済。

 

しかし、金利の返済程、馬鹿馬鹿しいものはありません。

今返済できる資金があれば、繰上返済をするべきなんです

 

老後資金準備もラストチャンス

人生100年時代。

長期での「積立投資」を考えれば、50代はまだまだ間に合うのです。

 

50代から70歳、80歳を目標にした積立投資を始めるのは「」なんです。

 

まずは、「行動」する事なんです。

 

 

老後に住む家を決める

老後の住み家の選択です。

私の周りにも増えてきました、別居していた親との同居生活。

 

2世帯、3世帯住宅への移行等々。

長生きをすれば、自分の親の介護、認知の問題は避けて通る事はできません。

 

我が家もまさしく選択の時を迎え、今準備中なんです。

そうなれば、様々な費用も発生します。

 

 

60歳以降の仕事の準備

今後の仕事の選択です。

サラリーマンの方であれば、多くの企業が65歳までの継続雇用が可能な時代になりました。

 

では、何歳まで仕事をするのか、一生涯サラリーマンなのか?

60代から起業するのか。

 

その為の準備は、まさに「」なんです。

 

 

私も、脱サラし、20年間ボーナスなし、当然、退職金はありませんので、75歳までは仕事をする覚悟で今まさに準備中なんです。

 

書けば、介護の問題、相続等々ありますが、全体を通して言える事は、やはり「お金の勉強」であり、「社会保障制度」の理解が大事なんです。

 

そして、学ぶのも、まさに「」なんです。

 

私自身が50代に入り、改めて、「50代の人生時期の重要性」を認識しております。

ですので、ブログでも幅広い観点から,発信をさせて頂いております。

 

本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント