毎月1万円の賢い投資方法とは

積立投資(iDeCo、積立NISA)

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.73

 

本日は「毎月1万円の賢い投資方法とは


本日も、昨日に続き、2月10日の「マネーセミナー」参加者からの声です。

 

セミナー終了後、参加された30歳の女性が突然手を挙げられました。

 

「今日、人生で初めて、お金の事を学びました。初めて、老後の事も考えました。今、計算したら、自分は老後までに1億円必要なんです。でも、今毎月積立できるのは1万円しかないんです・・・・」

 

こういう「」は、セミナー講師をしていて一番嬉しい「」です。

 

日本は「お金の教育」の場がないのです。ですので、「年金の知識」「投資の基本」を知らない。でも、一方で「100歳人生」に向けて、「自助の時代」に入っているのに、それ自体を理解されていない方、分かるけど行動できない方、相談する相手もいない方が多く、日本人の約52%が、いまだ増えない「銀行」に大事なお金を預けております。

 

セミナーでは①今の日本の現状、②社会保障制度(特に年金)、③投資の基本等々、幅広く準備をしております。

 

セミナーを聞いて頂ければ、今すぐに「行動」しないと、自分自身が将来に向けて苦労する事が、はっきりと分かるのです。

 

で、本題に入りますが。

今回は、30歳の独身女性が「積立投資」を決意されます。その場でアドバイスさせて頂きました。

 

1.投資方法は2つか3つに分散する事。具体的には

■①5,000円、②5,000円

■①4,000円、②3,000円、③3,000円

 

なぜか?

残念ながら、金融商品には完璧な商品はありません。

ですので、私の推奨は組み合わせによる「分散投資」です。

 

今回は独身の女性ですので、

まずは「iDeCo」を1番候補。

 

iDeCoはこんな商品です。

iDeCoって何ですか?
金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。意外と知られていないiDeCoについて・・・。

 

しかし、「iDeCo」は60歳到達までの限定ですので、

同時スタートで2番候補で「変額保険

 

変額保険」は初心者にも分かりやすく、且つ「投資成績の高い」ファンドがあります。なおかつ、今後、ご結婚、お子様の教育資金等々を考慮すれば、死亡保障付、長期運用しながら、いつでも解約できる(10年未満は解約控除が発生)メリットがあります。途中、使う事がなければ、80歳までの長期複利運用も可能です。

 

変額保険の記事です。

変額保険
お勧めする金融商品は時代と共に変わります。今の時代の有力な金融商品の1つが「変額保険」です。しかし、有力な商品にも関わらず、販売をしている保険会社、販売実務経験者が少なく、正しい情報が伝えられていないのが最大の問題です。ポイントは世界経済に

 

 

そして、3番目に「積立NISA

積立NISA」は20年間の「運用益非課税」が魅力。コストも安いファンドが限定なので、お勧めです。

 

積立NISAの記事です。

積立NISAを丸裸
「貯蓄から資産形成へ」金融庁が推奨する積立投資。その代表的な商品が「積立NISA」です。20歳以上の方であれば、誰でもできる。その中味を丸裸にしました。

 

 

では、「変額保険」と「積立NISA」どちらが有利か?

 

それは、一概に言えません。できれば、同時スタートを推奨します。

但し、今回は30歳の女性ですので、今「積立NISA」でスタートしても、50歳の時の出口戦略も考えなければいけません。

 

おそらく、今30歳の方が年金を受給できる頃は、請求できる年齢が70歳になっている可能性は高いです。しかし、現実、70歳の時点でまとまったお金は必要ないのです。

 

つまり、30歳でスタートして、70歳以降も継続して運用できる商品を早い段階で2口、3口に分散する事も重要なのです。

 

そこまで考慮すれば、30歳時点で80歳まで継続運用できる「変額保険」は「税金」を考慮しても「iDeCo」「積立NISA」に劣らない商品と言えます。

 

大事な事は2つ

①1本の商品ではなく複数の商品に分散する事

②とにかく「早く」始める事

 

こんなお話しを、更に詳しく、具体的に「マネーセミナー」「個別相談」でさせて頂いております。

 

まずは「マネーセミナー」にお越し下さい。

 

行動するのは「」なんです。

 

★セミナーの日程は「メニュー」⇒「セミナー予約」から

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント