GPIFと同じファンドはあるの??

お知らせ・ブログ

「知らないと人生を10倍損するお金のしくみ」Vol.82

 

本日は「GPIFと同じファンドはあるの??」


本日は、昨日に続き、「マネーセミナー」でのご質問をシェアさせて頂きます。

 

改めて、会場はここ「プラット2.2」です。

誰もが気軽に入れます。

そして、参加者からの、熱心な質問の中から、本日はこれ。

 

年金積立金管理運用独立行政法人=GPIF、と同じファンドはあるのですか

 

非常に、大事なご質問を頂きました。

まずは、「GPIF」について、簡単にご説明をさせて頂きます。

 

 

■皆さんが、毎月の給料から天引をされてます

「年金保険料」は国で一括で運用がされております。

それが「GPIF

正式名称は「年金積立金管理運用独立行政法人」です。

 

 

 

■「GPIF」の基本方針は①「安全」、②「効率」です。

 

 

■「GPIF」の資産、つまり「運用方法」は都度、見直しされます。

今現在の資産割合は下記の通りです。

 

●国内株式 25%

●国内債券 35%

●外国株式 25%

●外国債券 15%

 

 

 

■「GPIF」の運用成績です。

●平成29年度第3四半期(期間収益率)3.92%

●平成13年度~平成29年度第3四半期(年率)3.39%

 

 

つまり、「GPIF」の手法で結果的に見れば、短期的にも、長期的にも「3%以上」の運用を確保しております。

 

ですので、成功したいのであれば成功している方の真似をする事が成功の早道」なんです。

 

 

ちなみに、毎月3万円を30年間積立します。

金利の違いでどこまで差がつくのか検証です。

 

■払込金額合計 3万円×30年間=1,080万円

■金利が0.01%⇒1,081万円

■金利が3.50%⇒1,893万円

差額がなんと812万円

 

という事で、私が『マネーセミナー』で推奨しているのが

長期」「積立」「分散」が基本、つまり「積立投資」。

 

そして、具体的な手法が「複利」であり「ドルコスト平均法

 

 

これを具備している商品が

■iDeCo

■積立NISA

■変額保険

■投資信託

 

ところが、問題はここからなんです。

 

悩む2つの選択」なんです。

■金融機関を選択

■ファンド(運用商品)を選択

 

特に『ファンド』の選択が悩むのです。

 

そこで、弁護士の先生は「GPIFの真似をしたい」との思いで、GPIFと同じファンドはあるのでしょうか?」とのご質問になったのです。

 

 

結論からお話しすると

資産割合が同じようなファンドあります

 

つまり

●国内株式 25%

●国内債券 35%

●外国株式 25%

●外国債券 15%

 

しかし、この「資産割合」の「ファンド」を探す事も、実は時間がかかりますし、難しいです。

 

併せて、「資産割合」が同じでも、更にその資産の内訳

例えば「国内株式」の内訳は何社で、どのような企業が含まれているのか、

 

ここまで調べる事は、初心者には大変な作業になります。

 

そこで、「個別相談」でも対応をさせて頂いております。

 

まずは、「マネーセミナー」にご参加下さい。

そして、更に、一歩前進されたい方は「個別相談」をご活用下さい。

 

明日も、改めて、セミナーでの質問をシェアさせて頂きます。

 

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント