お金が増えない方の3つの特徴とは

お金の勉強

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.92

 

本日は「お金が増えない方の3つの特徴とは

マネーセミナー」の申込は

「メニュー」⇒「セミナーのご案内」から


昨年からスタートしました『マネーセミナー』。

多くの方に出会い、様々なご相談も受けさせて頂きました。

 

誰しもが「将来が不安」「お金を増やしたいでも、中々できない方が多い、のが現実。

 

そこで、本日は様々な方にお会いする中で、「お金が中々増えない」方の特徴について書かせて頂きます。

 

年金制度を理解していない

 

我々が年金もらう頃は、年金出ないんでしょ・・・

こんな、言葉を何度聞いた事か。

 

併せて、今現在「年金に入ってません」と自信満々に語る方が意外と多いのです。

 

 

また、しっかり年金保険料を払っている方に「将来、どれ位年金支給されるか、ご存知ですか?」と聞いても、明確にお応えできる方はほとんどおりません。

 

極めつけは「年金定期便」の存在を知らない。捨てました・・・。

 

 

そういう方を含め、まず『年金制度』について一言です。

■年金制度は、日本国内で最も安全で効率の高い制度商品です。

■年金制度は、老後の年金だけでなく、一定の障害になった場合や、配偶者に万一があった際にお役に立つ制度です。

■生命保険に入る前に、まずは自分の老後の年金、遺族年金がどの程度支給されるのか、ご理解される事が大事です。その次に生命保険です。多くの方が逆になってます。ですので、適正の保険金額になっていない方が多いのが現実です。

■「年金定期便」は重要書類です。自分を守る書類です。捨てるのは厳禁です。活用方法は様々あるのです。

■人生100年時代を迎えるにあたり、年金の受取開始は「繰下請求」を利用し、70歳以降にされる事を推奨しております。その為の、早い時期からの準備が必要なのです。

 

給与天引きを躊躇する

積立の基本は「給与天引」です。もしくは、「毎月口座からの天引」です。

 

つまり、積立の基本は

収入ー貯蓄=生活費

つまり、まずは「貯蓄額」を決めて、残った金額で生活をする。

 

ただ、現実は

収入ー生活費=貯蓄  の方が多いのです。

 

これでは、中々計画的に貯蓄はできません。

 

まずは、毎月の貯蓄額を明確に決める事です。

その上で、残った金額で生活をする事です。

 

勉強しないで、営業マン、銀行の言いなり

一番不幸な状態です。

 

そもそも、日本の国は「お金の教育」が先進国の中で、できてない国なので、自己研鑽が必要なのです。

 

私が銀行にいる時代から感じてました。日本人は異常な位に「銀行員を信用しすぎています」

 

私も、金融の仕事を30年させて頂きましたが、

保険証券を拝見すると、ため息をつくような契約が何と多い事か・・・。

 

聞くと、保険会社のいいなり、銀行のいいなり、お勧めがほとんど。

 

しかも、自分の大事な人生よりも「お付き合い」を大事にされる方が多いのです。

 

そういう方には「自己責任」ですので、「自己判断」をして頂きます。

 

はい、という事で3点書かせて頂きました。

 

どれか、1つでも該当する方は、一度「マネーセミナー」にお越し下さい。

 

まずは、大事な「お金の勉強」から始めませんか。

 

★次回の「マネーセミナー」の日程は「メニュー」→「セミナーのご案内」から

 

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント