32歳独身女性のお金の悩みを解決!

世代別ライフイベント

知らないと人生を10倍損する金のしくみ」Vol.100

 

32歳独身女性のお金の悩みを解決!


昨年の10月23日からスタートしました「ブログ」。

お蔭様で、本日で100回目の投稿になります。

 

日頃、応援を頂きまして、誠にありがとうございます。

 

 

さて、本日は相談事例をご紹介です。

32歳の独身女性からのご相談です。

Aさんにしましょう。

 

 

Aさんは、ご両親と3人家族です。

Aさん自身は安定したお仕事をされ、安定された生活をされております。

 

しかし、1人娘であり、このまま、両親に万一の事があれば、自分1人で生活をしなければならない・・・。

 

当面、ご結婚される予定もないようです。

 

 

果たして、自分の老後生活は・・・。

今後、どの程度貯めなければならないのか??

 

100歳人生、自分は何歳まで生きるの???

しかも1人で・・・。

 

 

様々、不安を感じられたのか、私のセミナーに来られました。

お話しを聞くと、漠然とされてました。

 

ただ、不安なんです。

 

何をしたらいいのか?

 

何を質問したらいいのかも分からない??

 

そんな状況なので、様々ヒアリングさせて頂き、知りたい内容がこんな感じでした。

 

1.老後の生活費いくらかかるのか

2.年金のしくみも、いくらもらえるかも分からない

3.今から、毎月どの程度の貯蓄を、どの手段でやればいいのか

 

以上の3点に集約されました。

 

さて、ほとんどが、私のセミナーでお話をしている事なんですが、ここからが私の出番です。

老後の生活費はいくらかかるのか

統計局「家計調査報告(家計収支編)平成28年」より

●平均的な老夫婦の収支状況

・実収入合計 212,835円

・支出合計  267,546円

・収支    -54,711円

 

財団法人生命保険文化センターの「平成28年生活保障に関する調査」

・老後の最低生活費① 22.0万円

・ゆとりある生活費② 34.9万円

 

・②-①の具体的使途

1位:旅行やレジャー  60.6%

2位:身内とのつきあい 50.1%

3位:趣味や教養    49.7%

 

あくまで、平均的なデータですが、やはり30万~35万円は目標にしたい金額になります。

年金のしくみ、いくらもらえるの?

■年金は大きく公的年金と私的年金があります。

 

■公的年金には大きく国民年金と厚生年金があり、基本的には20歳以上の方は強制保険になります。

 

■国民年金は主に自営業の方、フリーランスの方を中心にした第1号被保険者と、専業主婦の方を対象にした第3号被保険者に分かれます。

 

■厚生年金は会社員の方、公務員の方が対象です。

 

年金がいくらもらえるのか、何歳に請求すれば有利なのか等々は、セミナーの中でも、詳しく説明をさせて頂いております。

 

興味のある方は「マネーセミナー」にお越し下さい。

毎月どの程度の貯蓄を、どの手段で

毎月の貯蓄額は、スタートする年齢によります。若ければ若い程負担は少ないです。

 

30年前は給与天引きの財形貯蓄、財形年金、銀行積立が主流でした。

 

しかし、ご存知の通り、金利は限りなく0です。

 

ですので増えません。

やはり、今の時代の手段の推奨は「積立投資」です。

 

その具体的な商品が、iDeCo、つみたてNISA、変額保険に絞られます。

 

しかし、どの商品にも、メリット、デメリットがあります。

 

 

ですので、1つの商品で一括準備するのではなく、複数の商品を組み合わせる事が大事になります。

 

 

この具体的な活用方法、商品の特徴を「マネーセミナー」で詳しく説明をさせて頂いております。

 

以外と知られていない『積立投資』のしくみです。

 

特に、20代、30代の方は必須です。

年金」のしくみも「積立投資」のしくみも知る人と

知らないと人では、将来に大きな差になりますので、一緒に学びませんか。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. 豊田博文 より:

    100回目のブログ発信!おめでとうございます!!
    日々営業の1ポイントとして、お客様にも啓発の材料にしていただいております。
    今年は遅ればせながら、2級FPに挑戦します。
    お金の専門家の分家くらいになりたいもんです。

    • nobu1118 より:

      豊田さん、いつも大変にありがとうございます。
      日々、勉強しても、勉強不足を感じる毎日です。
      2級FPへの挑戦素晴らしいです!
      共々に頑張りましょう。

  2. […] 32歳独身女性の悩みに答える […]