iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説

お金を増やす(金融商品)

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ』Vol.102

 

iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説


先日、反省をさせて頂きました。

交流会でお会いし、お話しをさせて頂きました23歳の女性との会話です。

 

話しを聞きますと、野村證券に出向き、金融の勉強をされている、との事でした。

 

その方は「FX」に興味があるようでした。

 

話しの流れで「iDeCoはやられてますか?」と聞くと、突然表情が変わり、

 

「iDeCoって何ですか?」との反応。

仕事柄「積立投資」「iDeCo」「つみたて積立NISA」等々叫んでますが、一般の方からすると

iDeCo??

 

こんな感じになるのは普通かもしれません。

 

そこで、改めて「iDeCo」について

 

iDeCoとは

正式名称は

<individual-type Defined DefinedContribution pension plan>

 

覚える必要など全くないのですが、個人型確定拠出年金」の愛称です。

 

「確定拠出年金」には企業型個人型があります。

 

その内、「個人型」が通称「iDeCo」と呼ばれています。

 

確定拠出年金とは?

では、そもそも「確定拠出年金」とは何?。

 

その前に、中小企業退職金制度には大きく分けて2つ。

■「確定給付型グループ」

■「確定拠出型グループ」

 

何が違うのか?

確定給付」は企業が従業員に払う給付金額が確定している制度。

 

確定拠出」は企業が毎月払う掛金拠出の金額が確定している制度。

 

つまり、従業員の立場から考えれば「確定給付型」は有難い制度なんです。

しかし、ご存知の通り、経済情勢、金利情勢は大きく変わりました。

 

企業は約束した給付を準備できないいわゆる「積立不足」が生じはじめ、「確定給付型」の代表格だった「適格年金」が廃止。

 

併せて「厚生年金基金」も解散の方向で進んでおります。

一方で新しい制度として2001に施行されたのが「確定拠出年金」です。

 

通称名として「日本版401K」とも呼ばれております。

401Kとは

「401K」とはアメリカにおいて採用可能な確定拠出個人年金制度の1つです。

 

簡単に言えば投資信託に税制上の優遇措置を付加した制度です。

 

この制度がアメリカでは普及されており、個人の資産も順調に増やし、併せてアメリカ経済の成長にも大きく貢献されているのです。

 

なぜ、「iDeCo」なの?

日本も1990年の頃は金利も高く、銀行預金でも、郵便局でも国債でも生命保険でも、順調に運用できた時代でした。

 

しかし、時代は大きく変わりました。

 

■バブルの崩壊

■低金利、ゼロ金利

■少子高齢化

■物価デフレ、賃金デフレ

つまり、日本国内だけでは運用できない、増えない状況なのです。

 

では、世界はどうか?

 

■世界の人口は2060年まで順調に増え続ける、との予測あり

 

■世界のGDPは2000年以降3倍成長してます

 

■世界経済の成長率は3.9%

はい、世界全体で見れば、人口は増えており、経済も成長しているのです。

 

だから、世界経済に投資をしましょう、となるのです。

 

その1つが「iDeCo」なんです。

 

iDeCoのメリットは?

よく税制の3大メリットと言われます。

 

(1)掛金の拠出時は全額所得控除

(2)運用時は全額非課税(通常は20.315%の課税)

(3)受取時は公的年金等控除・退職所得控除

 

iDeCoのデメリットは?

ここが大事なんです。金融商品には完璧な商品はありません。

 

ですので、商品の特徴を理解する事が大事です。

 

(1)手続きが複雑(申込時、職業変更等)

(2)金融機関とファンドの選択が難しい

(3)60歳以降は掛金の拠出ができない

(4)60歳まで資産の引出ができない

(5)年金未加入の方は利用できません

 

特に(2)は重要です。

その理由は2つあります。

 

①金融機関により、手数料が違います。

 ファンドの中味も違います。

 

②ファンドにより、運用成績は大きく変わります。

 

まとめ

iDeCoは金融庁も推奨をされている優良な商品である事は間違いありません。

 

ところが、正しく理解され、活用できている方は、全体の1割に満たないのが現状です。

 

なぜか??

 

日本は「お金の教育」ができてないのです。

ですので、よく分からないで活用されている方が多いのです。

 

その上で、大事な2点を書かせて頂きます。

「投資の基本」です。

それは 口数」×「価格」=投資の成績

 

多くの日本人は「価格」しか見ません。

 

大事な事は「」の視点です。

投資とは「」を買い続ける事。

増やす事です。

 

早く始めて、長く続ける事

投資の最大の魅力は「複利効果」です。

ですので、できれば20歳スタート。

 

60歳まで40年運用できれば最高なんです。

資産の分散

せっかく「iDeCo」を始めたのに、残念ながら元本確定の銀行定期で運用されている方が意外と多いのです。

 

これでは増えません。

今、成長している資産は「株式」です。

 

この「株式割合」をどうするのかが、大きなポイントになります。

 

投資初心者の方、自信のない方は、まず「個別相談」をご活用下さい。

 

メールで、1年間、相談回数が無制限の「年間FPサポート」が好評です。

 

個別相談に申込します

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  2. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  3. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  4. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  5. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  6. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  7. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  8. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  9. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  10. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  11. […] iDeCoって何ですか?金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外 […]

  12. […] […]

  13. […] […]

  14. […] […]

  15. […] […]

  16. […] […]

  17. […] […]

  18. […] […]

  19. […] […]

  20. […] iDeCoとつみたてNISAを徹底比較 併用もできるのか? お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) […]

  21. […] 「つみたてNISA」で資産を増やすポイントを解説 お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) ジュニアNISAとは?わかりやすく解説 […]

  22. […] 新型コロナにより益々注目されるESG投資を徹底解説 お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) REITとは?わかりやすく解説 […]

  23. […] 人生100年時代を笑顔で送るためのお金の法則 元たくぎんマンが伝える「お金の極意」 お金を増やす(金融商品) iDeCo(イデコ)との併用がマッチする金融商品はあるのか? お金を増やす(金融商品) つみたてNISAとは?わかりやすく解説します お金を増やす(金融商品) 米国ゼロクーポン債の購入時のポイントとは お金を増やす(金融商品) 積立投資のメリットを銀行定期と比較!こんなに違うの! お金を増やす(金融商品) 投資信託の仕組みをわかりやすく解説します お金を増やす(金融商品) 今年始めたばかりの米国ゼロクーポン債を売却で大儲け!? お金を増やす(金融商品) 金投資のメリット、デメリットをわかりやすく解説 お金を増やす(金融商品) 新型コロナにより益々注目されるESG投資を徹底解説 お金を増やす(金融商品) iDeCoのデメリットは?元本割れにも気が付かず運用中の方も! お金を増やす(金融商品) iDeCo(イデコ)を始める時の3つのポイントを解説 家族信託 認知症の親のお金を管理するために覚えておきたい2つの方法 お金を増やす(金融商品) 米国債を購入するならいつがベストタイミング? お金を増やす(金融商品) 米国ゼロクーポン債を途中解約する場合の注意点 お金を増やす(金融商品) iDeCo(イデコ)初心者が知っておきたいファンドの選び方 お金を増やす(金融商品) 「ファンドラップ」とは?わかりやすく解説 お金を増やす(金融商品) コロナショックで元本割れリスクの高い「ノックイン投信」を解説 お金を増やす(金融商品) 個人年金保険は必要か?投資商品に切り替えるべきか? お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … […]

  24. […] 家族信託 家族信託とは?真田丸に学ぶ認知症対策 お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) […]

  25. […] ドルコスト平均法で失敗しない為の2つの大事な考え方とは お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) […]

  26. […] 「つみたてNISA」で資産を増やすポイントを解説 お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) […]

  27. […] iDeCo(イデコ)との併用がマッチする金融商品はあるのか? お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) iDeCoとは確定拠出年金のことなんです […]

  28. […] 「つみたてNISA」で資産を増やすポイントを解説 お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … 家族信託 家族信託とは?真田丸に学ぶ認知症対策 […]

  29. […] お金を増やす(金融商品) ジュニアNISAとは?わかりやすく解説! お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) […]

  30. […] 元たくぎんマンが伝える「お金の極意」 お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … お金を増やす(金融商品) […]

  31. […] 人生100年時代を笑顔で送るためのお金の法則 元たくぎんマンが伝える「お金の極意」 お金を増やす(金融商品) 回転売買とは?投資信託の問題点を解説します お金を増やす(金融商品) ドルコスト平均法で失敗しない為の2つの大事な考え方とは お金を増やす(金融商品) 米国債購入・売却・保管の手数料はどれくらい?注意すべきことは? お金を増やす(金融商品) 証券会社が勧める「ラップ口座」とは本当にいいのか?? お金を増やす(金融商品) 「ファンドラップ」とは?わかりやすく解説! お金を増やす(金融商品) SBI証券でつみたてNISAを始める時 ファンドの選び方 お金を増やす(金融商品) 今さら聞けない「国債」のしくみをわかりやすく解説 お金を増やす(金融商品) 米ドルMMFとは?わかりやすく解説 お金を増やす(金融商品) iDeCoとは確定拠出年金のことなんです お金を増やす(金融商品) 「つみたてNISA」で資産を増やすポイントを解説 お金を増やす(金融商品) 米国債を購入するならいつがベストタイミング? お金を増やす(金融商品) 米国ゼロクーポン債を途中解約する場合の注意点 家族信託 認知症の親のお金を管理するために覚えておきたい2つの方法 家族信託 家族信託とは?真田丸に学ぶ認知症対策 お金を増やす(金融商品) SBI証券でiDeCoを始める時、商品の選び方を解説 お金を増やす(金融商品) 投資初心者に優しい米国ゼロクーポン債の3つの魅力 お金を増やす(金融商品) つみたてNISAはiDeCo(イデコ)との併用で効果が倍増する! お金を増やす(金融商品) iDeCoとは?初心者でも分かるやさしい解説 … […]