レバレッジ

レバレッジ

皆さん、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」VOL.7

 

本日は「レバレッジ


レバレッジ」とは「てこ」の意味です。

つまり「他人の資本を活用して、自己資本に対する利益を高める」事です。

 

レバレッジの具体例

■今、手元に100万円があります。5%の金融商品で1年間運用します。そうすると、5万円の利益が出ます。

 

ここで、900万円を借入し、1,000万円で5%の運用をします。そうすると、利益は5万円から50万円に拡大。借入金利を仮に2%とすると、借入利息を差し引いても(900万円×2%=18万円)32万円の利益を確保できます。

 

このように、他人資本(借入等)を導入することで、より高い利益を上げられることを「レバレッジ効果」を呼びます。

 

但し、運用利率(今回は5%と仮定)よりも、借入金利が高い時は、利益の減少、損失の拡大を招きますので、要注意です。

 

注意点

今や、FX(外国為替証拠金取引)では「レバ25倍」という言葉が当たり前になっております。

 

つまり、手元に100万円しかないのに、2,500万円の取引ができる事です。

 

少額で大きな利益を得ることができる可能性がある一方で、同時に資産に対してのリスクも大きくなります。

 

最近は「強制ロスカット」のしくみができ、FXによる破産者が減少しているようですが、あくまで余裕資金の範囲内での取引に押さえるべきです。

 

*「強制ロスカット」とは、必要証拠金維持率がFX業者の定める率を下回った際に発動されるものです。

 

分かりやすく言えば「一定割合以上の損失が発生した場合、トレーダーの意思とは無関係に強制的に(損失を確定)して、損失を証拠金内におさめるシステム」です。

 

 

金融取引の初心者にはお勧めしません。

 

★「マネーセミナー」の日程は「メニュー」→「セミナー予約」から

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント