女性が一人暮らしで老後を迎えるときの費用と準備

自分年金

皆さん、おはようございます。

 

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.108

 

本日は「女性が一人暮らしで老後を迎えるときの費用と準備


私が銀行に入った1988年の頃、支店内の女性は全員が20代でした。

7人の女子行員で最年長の方が25歳でした。

 

そして、ほとんどの方は20代の中盤で寿退社。

それが普通でした。

時は30年を経過。結婚情勢も大きく変わりました。

 

国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2015年版)」「日本の世帯数の将来推計(全国推計2013年1月推計)」による調査結果です。

 

女性の「生涯独身率」は

■1985年は4.3%。

■2015年には14.9%まで上昇

人口問題研究所の予測です。

■2030年の女性生涯未婚率は約23%に達する。

 

つまり、女性の4人に1人は生涯独身という時代が予測されます。

 

独身女性が老後を迎えるとき、必要なお金はどれくらい?

独身女性の老後の生活費がいくらかかっているのか。

実は参考になるデータがあります。

 

消費支出

総務省家計調査報告(家計収支編)2017年版によると、60歳以上の単身無職世帯の生活費は

142,198です。

食料 35,418円
住居 14,538円
光熱・水道 12,989円
家具・家事用品  6,098円
被服及び履物  3,808円
保険医療  7,936円
交通・通信 13,148円
教養・娯楽 16,852円
その他の消費支出 31,412円
非消費支出(税金、社会保険) 12,544円

実収入と収支結果

実収入は114、027円

可処分所得が101,483円

*可処分所得とは収入から税金、社会保険料を引いた自由に使える金額の事です。

 

つまり、毎月の収支は

101,483円-142、198円=-40、715円

 

なんと、約4万円の赤字なんです!

 

では、年間で約48万円の赤字。

 

65歳まではお仕事をされたと仮定して

 

80歳までの赤字額は720万円

90歳までの赤字額は約1、200万円

95歳までの赤字額は約1,440万円

100歳までの赤字額は約1,680万円です。

 

ここで、重要な確認点があります。

あくまで安定した年金の収入がある方を前提にした計算なのです。

 

もし、国民年金しか入ってません、或いは年金は未加入です。

という方は、計算の根拠が変わります。

国民年金だけの方の収支は?

国民年金を40年間払い続けた方の満額の年金額が平成30年度で779,300円です。

月にすると、64、942円

 

もし、他に収入がなければ、月の収支はどうなるか。

64、942円ー142,298円=-77、256円

 

仮に平均寿命の87歳まで生きられた場合の65歳以降の赤字額は

約2,100万円

 

 

4人に1人が生存されている95歳まで生存された場合の赤字額は

約2,800万円です。

 

年金未加入の方の収支は??

■平均寿命の87歳までの収支は約3,800万円

 

■95歳までの収支は約5、200万円

独身女性の老後を考えるうえで大事な2つのポイント

①まずは老後の住む場所です。

住居費の平均は14、538円です。

しかし、例えばマンションの方であれば、修繕積立金管理費がかかりますので、14、538円では足りません

 

更に、65歳以降もローンが残っている方も要注意です。

 

おそらく、14、538円で収まる方は、親の実家に住み、固定資産税だけを負担するか、市営住宅にお住まいか、限定されるのではないでしょうか。

 

ですので、まずは、老後、自分がどこに住むのか。

非常に大事な決断になります。

 

住む場所により、毎月の収支が大きく変わる事を早い段階で理解する事が大事です。

②そして、①以上に大事な点が「年金」です。

 

今加入している年金制度が「厚生年金」なのか「国民年金」なのか、あるいは、「年金未加入」なのか、それにより、老後の収支が大きく影響します。

 

推奨は「厚生年金」です。

更に、年金は70歳から繰下請求する事により、年金額を42%増やす事もできます。

 

今、「年金」のしくみをご理解されていない方は、早急に勉強される事が大事です。

おひとりさまの老後の準備

さあ、ここまで読んで頂くと、今何をしなければいけないのか、明確になります。

老後資金」を貯める事です。

 

では、どの手段で確実に増やしていくのか考えましょう。

 

具体的な事例として、30歳の独身女性国民年金に加入。

65歳までに、3、000万円を目標に検討します。

貯蓄

多くの方が、今だ増えない銀行貯蓄をされています。

大手銀行の1年定期預金の金利は0.01%です。

 

では、3,000万円を貯めるには、毎月いくら必要なのか?

■毎月72、000円です。

35年間で3,024万円を積立して元利金合計で3,029万円。(税引前)

 

さすがに、毎月72、000円は負担の大きい金額です。

では、手段を変えてみましょう。

積立投資

積立投資にも様々な手段はありますが、運用成果として2パターンで試算してみました。

■金利が3%⇒毎月41、000円

35年間で1,722万円を投資して、3,022万円(税引前)

 

■金利が5%⇒毎月27、000円

35年間で1,134万円を投資して、3,005万円(税引前)

 

72、000円に比べて、かなり負担は減ります。

しかし、この金額でも厳しい方はまだまだ多いはず。

 

では、どうすればいいのか。

投資期間を長くする事です。

投資期間を40年

●25歳⇒65歳

●30歳⇒70歳

 

■金利が3%⇒毎月33,000円

40年間で1,584万円投資して3,034万円(税引前)

 

■金利が5%⇒毎月21,000円

40年間で1,008万円投資して3,125万円(税引前)

 

更に、積立期間を45年にすれば、毎月の負担は更に減ります。

ここで、大事な事に気がついて頂けたでしょうか。

 

一番のポイントは早く始める事!

そして、長く続ける事!

具体的な商品は??

はい、では具体的な商品ですが、大きく2つのグループがあります。

①非課税を生かした商品:

iDeCo」、積立NISA

②長期運用&死亡保障付:「変額保険

金融商品は様々ありますが、残念ながら完璧な商品はありません。

これは、私が30年間の実務経験での確信です。

併せて1つの商品で偏った運用をする事も危険です。

投資の基本は何か?

長期・積立・分散

ですので、各商品の特徴を理解しながら、組み合わせによる分散投資が大事になります。

そして、いざ「積立投資」を始めようと思っても、悩む選択が2つあります。

 

1.金融機関の選択

2.ファンドの選択

この2つの選択を誤れば、せっかくの貴重な「積立投資」も失敗する可能性があります。

ですので、「お金の勉強」が必要なのです。

 

年金の事積立投資の事を正しくご理解して頂く為に、投資初心者向けの「マネーセミナー」を毎月2回開催をしております。

★次回の「マネーセミナー」のご案内

 

■12月18日(火)18時30分~20時30分開催分

マネーセミナー開催案内
ー初心者向けのやさしいお金の勉強会ー <人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!> 会場:プラット2.2 札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル1階 定員:10名 参加費:2...

10名以下の少人数で開催をしておりますので、

分からない点もその場で気軽に確認できます。

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント