日経平均株価

経済

 

皆さん、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.11

本日は「日経平均株価

 

 


日経平均株価」とは、日本を代表する225銘柄の平均株価です。

誰が決めたの?

はい。言葉の通り「日本経済新聞社」が「知的財産権」を保有し、銘柄を選定しています。つまり、「日経平均株価」は日本経済新聞社の「登録商標」であります。

 

役割、仕組みは

①民間企業が選定し、公表している指標ではありますが、日本を代表する「経済指標」でもあります。

 

②225銘柄は、随時入替が行われています。成績の良い企業が選ばれ、成績が悪い企業は外されてしますのです。通常は、毎年10月に「定期入れ替え」が行われます。

 

③つまり、「日経平均株価」に選定された企業は、日本を代表する優良企業なのです。

 

活用方法は

木を見て森を見ず」という格言があります。株式投資の好きな方は個別銘柄(企業)の業績や動向ばかりに目がいきがちですが、大事な事は、経済全体の流れを掴む事です。

 

つまり、「」が個別株であり、「」が日経平均株価になります。まずは、「日経平均株価」の動向を見て、今の日本の経済状況、株式市場全体の流れを掴む事が大事です。

 

但し、「日経平均株価」が株式市場の全てではありませんので、同時に「騰落レシオ」や「時価総額」を時系列で比較研究する事が大事です。

 

「騰落レシオ」とは

 

投資家の方は、安い時に株を買って、高い時に売りたいと思ってます。では、株式市場が上昇局面なのか、下降局面なのか、その変化の兆しを見つけるための数値が「騰落レシオ」です。

 

難しい事は覚える必要はありません。ポイントは2つ。

 

●「騰落レシオ」が120%を超えてくると、過熱し過ぎのサインです。つまり、間もなく相場は「下落します」と思って下さい。

 

●「騰落レシオ」が80%を切り始めると、下げは落着いて、間もなく「上昇します」と思って下さい。

 

*但し、必ずしも当たりません。2017年5月26日の「騰落レシオ」は142%でした。

 

その日の「日経平均株価」は19、686円。しかし、その後、6月2日には「日経平均株価」は20、177円まで上昇しました。

 

また、2017年10月12日以降、「騰落レシオ」は4日連続で130%を超えましたが、「日経平均株価」は更に上昇を続けました。

 

ですので、参考程度に見て下さい。

 

「時価総額」とは

上場株式の規模です。

 

ご参考までに個別銘柄の時価総額は下記の式です。

株価の終値×発行済株式数=個別銘柄の時価総額

 

時価総額は時系列で見る事が大事です。

・1989年 590兆円(バブル景気)

・1999年 442兆円(ITバブル期)

・2012年 296兆円(政権交代時)

・2013年 458兆円

・2014年 505兆円

・2015年 571兆円

・2016年 560兆円

*いずれもの年代も12月の時価総額です。

2018年5月3日 667兆円

*つまり、日本の株式市場は順調に成長いると判断ができます。

 

問題点

何度も確認しますが、「日経平均株価」は、日本の上場企業全ての株式ではありません。代表の225銘柄ですので、東京取引所全体の動きを反映している訳ではありません。

 

全体の動きを掴むのであれば「東証株価指数」があります。

 

かつて、「ユニクロ」を展開する「ファーストリテイング」1社で「寄与度」が8%超と極めて高く、日本の株式市場に大きな影響を与えており、海外投資家は「日経平均株価」を信用しない、との記事がありました。

 

つまり、1社の動きにより、意図的に株価操作ができうる、というご指摘です。ですので、様々な指標を同時に時系列で研究する事が大事になります。

 

ご参考までに

投資信託の「ファンド」で「日経平均株価」に連動したファンドも多数あります。代表的なファンドを3つご紹介します。

 

●ニッセイ日経225インデックスファンド

信託報酬:0.18252%(2018年2月16日現在)

 

●SMT日経225インデックス・オープン

信託報酬:0.3996%(2017年11月30日現在)

 

●eMAXIS日経225インデックス

信託報酬:0.432%(2018年4月26日現在)

 

*上記のファンドは「日経平均株価」に連動し、且つ「信託報酬」の安い「ファンド」という事で紹介しただけで、成績の保証は一切ありません事を付け加えておきます。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント