デフレ

経済

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.18

 

本日は「デフレ


デフレ」とは継続的に物の値段が下がり続ける経済状態の事で「インフレ」とは正反対の動きです。

 

失われた20年とは

1997年は、私個人にとっても、日本経済全体にとっても象徴的な1年であり、様々な転機になる年でした。

 

消費税の増税から始まり(3%⇒5%)、拓銀、山一證券の破綻。

金融不安、景気後退、消費の低迷・・・。

 

 

実は、日本人の平均収入は、1997年をピークに下がり続けております。

つまりこの20年間、1997年を超えた年は一度もないのです。

 

 

一方で、消費税は5%⇒8%。

社会保障費も毎年上がり続けており、結果的に可処分所得(収入から税金、社会保障費を引いた手取)は減少してます。

 

 

そして、この20年間の日本経済の象徴が「デフレ」なのです。

 

 

デフレになると、企業は投資を控え、賃金の伸びも抑制します。

賃金が伸びないと、サラリーマンは消費を控えます。

結果的に物が売れない⇒物価は下がる⇒企業の収益は減少。

 

 

つまり、悪循環の連続

そして、極めつけは2011年の東日本大震災

ここから更にデフレは加速を続けます。

 

 

デフレの判断は?

GDPデフレーター」という経済指標があります。

ポイントは数値が100を切れば「デフレ」を意味します。

 

 

併せて、前年同期比でプラスかマイナスかを見ます。

 

 

ちなみにIMFの資料によると2017年は102.84

 

一方で2014年度から2016年3月期までは、前年同期比が全てプラスだったのが、2016年7月以降マイナスが1年間続き、2017年7月からはプラスに転換してます。

 

 

数値だけを見れば、何とか「デフレ」は脱却しているものの、何か物足りなさも感じるのではないでしょうか。

 

 

デフレは実はチャンス!

デフレと聞いただけで、気持ちが暗くなりそうですが、実はチャンスなんです。

物価は安いので大きな買い物のチャンス

特に、住宅や車は買いやすくなります。メーカーも販売会社も売りたいのです。

 

 

投資も購入のチャンス

投資の基本は何か。

口数×価格=投資の成績です。

 

つまり株価が下がった時、相場が下がった時は、口数を増やす絶好のチャンスなんです。

 

 

今、大事な事とは

今後の日本経済を冷静に考えましょう。

■人口は減少傾向

■少子高齢化は加速します

■社会保障制度の維持は限界です

 

つまり、これからは「自助」の時代です。

特に、自分の年金は自分で準備をする時代です。

デフレ」と嘆いても誰も助けては頂けません。

 

特に、公的年金の増やし方、お金の増やし方を学んでいかないと、将来的に「老後破産」の現実が待っているのです。

 

 

人生100年時代を笑顔で送る為に、経済状況がどうなろうとも、年金が減らされても、自分の老後生活は自分で守る事が大事です。

 

一緒に「お金の勉強」をされる方を募集しております。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント