ポートフォリオ

ポートフォリオ

皆さん、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.48

 

本日は「ポートフォリオ

 

 


ポートフォリオ」とは一言すれば、「財産目録」で、投資の世界では、投資の中味、内訳、組み合わせの事です。

 

言葉を言い換えれば「資産割合」「資産構成」の事で、更に分かりやすく言えば「金融商品の組み合わせ」の事です。

 

 

 

なぜ、ポートフォリオが大切か

ポートフォリオが大切というより、分散投資が大切なんです。

過去、私の30年間の金融実務経験を振り返っても、1つの商品、1つの手法で、安定した収益を確保する事は困難です。

 

経済情勢の変化、国際情勢の変化、それに伴い、金利や金融商品も絶え間なく変化を続けます。

 

かつて、7%を超えた銀行定期預金金利は0.01%です。

10年預ければ倍になった定額貯金も同様です。

 

では、株式で運用しようとも、常にリスクが伴います。

 

日本が駄目なら外国で・・・。

しかし、常に為替のリスクがついてきます。

 

ですので、分散投資が必要なのです。

 

そして、更に分散投資も中味が大事なのです。

 

その中味がポートフォリオになります。

 

お勧めのポートフォリオは

残念ながら、完璧で絶対的なポートフォリオは存在しません。

 

もし、「絶対儲かるから」「このファンドは間違いない」と断言して特定の商品を勧める営業マンがいれば、その根拠を聞いてみて下さい。

 

「では、10年後に何%の利回りを約束して頂けるのですか?」

 

どんなに優秀な専門家でも、1年先でさえ、確実な見通しは分かりません。

 

これが、現実です。

 

ただ、その中で参考になるのが、「GPIF」です。

 

詳しくは2018年7月4日付のブログ「GPIF」をご参照下さい。

https://wp.me/s9sIES-gpif

 

 

7月6日に2017年度の運用成績も発表されました。

収益率は6.90%、運用益は約10兆800億です。

*過去17年間の収益率は3.12%

 

GPIFのポートフォリオ変更

GPIFも毎年確実に収益を上げているわけではありません。

過去、17年間の中で赤字になった年も6回ありました。

 

大事な事は、投資は長い期間で評価をする事です。

 

そして、常に「資産割合」つまり「ポートフォリオ」の見直しも必要なのです。

 

 

2014年10月に決めた「基本ポートフォリオ」の変更で何が変わったのか?

■国内債券の割合を60%⇒35%に減らす

■国内外の株式割合を24%⇒50%に増やす

 

この2点が大きな変更でした。

 

つまり、国内債券、特に国債中心では収益は伸びません。

世界中の株式で運用する、この方針が結果的に収益の向上に繋がっております。

 

何もしないで、銀行に預けても0.01%や0.001%です。

 

是非、GPIFを参考にしながら、自分自身のポートフォリオを考えてみて下さい。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント