リターン

お金を増やす

皆様、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典

本日は「リターン

 

★次回の『マネーセミナー』のご案内です。

■7月26日(木)18時30分

参加予約は「メニュー」⇒「セミナー予約」からお願い致します。

人生100年時代を笑顔で送る為のヒントが盛りだくさん!

 


リターン」とは投資の世界で、期待される「収益」の事です。

但し、「プラスの収益」と「マイナスの収益」があります。

通常は「○○%」と表示されます。

 

 

 

リターンの種類

通常使われている「リターン」は、別名で「トータルリターン」と言います。

しかし、細かく言えば2種類の「リターン」があります。

インカムリターン:株式の配当や債券の利子等

プライスリターン:株式や債券の値上がりによる利益

 

例えば、100万円を株式投資しました。その際に

①株式の配当が5万円⇒5%⇒インカムリターン

*5万円÷100万円=5%

 

②株価が5万円値上がりした⇒5%⇒プライスリターン

*5万円÷100万円=5%

 

①+②=10%(トータルリターン)

金額ベースでは5万円+5万円=10万円(儲け=利益)

 

 

 

リターンの見方

ポイントは2つです。

 

1.なくべく長期のリターン見る(1年⇒3年⇒5年⇒10年)

つまり、複数年による「累積リターン」が重要です。

個人的には20年以上で見たいところですが、現実オープンにされているのは10年までが多いです。

1年や3年は参考になりません。

 

2.他の指標も併せて見る

例えば「シャープレシオ」や「標準偏差」です。

つまり、様々な角度から総合的に見る事が大事です。

 

 

尚、「シャープレシオ」については下のブログ記事で詳しく書きました。

https://nobu0824.com/2018/07/06/シャープレシオ/

 

 

更に、「標準偏差」については、下のブログ記事をご参照下さい。

https://nobu0824.com/2018/07/10/a-standard-deviation/

 

*「トータルリターン」⇒「シャープレシオ」⇒「標準偏差」この3つが投資を判断する上で大事な指標になります。

 

更に、詳しく知りたい方は『マネーセミナー』に足を運んで下さい。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

コメント