東証株価指数

経済

皆様、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.59

 

本日は「東証株価指数

 

 


東証株価指数」とは東京証券取引所第1部上場の全銘柄を対象とした株価指数。

別名で「TOPIX(トピックス)」とも呼ばれています。

 

 

 

東証株価指数の特徴

 

ポイントは1つです。

■1968年1月4日の全銘柄の時価総額を合計したものを100とし、その後どう変化しているのかです。

 

例えば、2018年7月26日の指数は1,765です。

つまり、50年前(1968年)より、日本の東証1部上場会社全体の時価総額が17.65倍になっている、との事です。

 

 

ちなみに、過去の最高は1989年末の2,884.80ポイントです。

そう、バブルです。

 

一方で、2012年6月4日には、695.51という最安値を記録しました。

この時は欧州の信用不安が主因でした。

 

日経平均株価との違い

よく、比較されるのが「日経平均株価」です。

 

そもそも「日経平均株価」とは、東証1部に上場している銘柄から、日本経済新聞社が独自の基準で選んだ225銘柄の平均株価の事です。

 

 

ですので、指数の内容は全く違いますので比較するのではなく、両方の特徴を理解した上で、投資の判断をする事が大事です。

 

 

尚、「日経平均株価」については、こちらの記事をご参照下さい。

https://wp.me/p9sIES-Ck

 

ちなみに、2018年6月の1月間の双方の相場を見ました。

双方の指数が一番高くなった日は、何と同じ日です。

6月13日

■日経平均株価 22、966円

■東証株価指数 1,800ポイント

 

では、6月13日に何が起こったのか?

 

実は、覚えていますでしょうか。

あの歴史的な6月12日の「米朝対話の日

 

やはり、政治的な要素は大きいようですね。

海外も含めて、政治からは目が離せません。

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメント