年金裁定請求書

老後の生活・準備

皆様、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.65

本日は「年金裁定請求書

 

★次回の『マネーセミナー』の開催案内です。

■12月8日(土)14時00分

参加予約は「メニュー」⇒「セミナー予約」から

人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!


年金裁定請求書」とは、年金を受取れる資格ができた時に、日本年金機構から送付されてくる書類で、申告請求する事により、年金を受給する事ができます。

つまり、年金は自分で請求しなければ、受給する事はできません。

 

 

年金請求の基本について

*本日の記事は主に下記の方を対象にした内容です。(特別支給の老齢厚生年金の対象外の方)

■男性 昭和36年4月2日以降生まれた方

■女性 昭和41年4月2日以降に生まれた方

 

年金については、勘違いされている方が多いので、特に大事な事項だけは確認します。

 

①年金は自分で請求しないともらえません。

②年金裁定請求書は、65歳に到達する3カ月前に、日本年金機構から送付されます。

③年金の受給権発生日は、支給開始年齢に到達した日(誕生日の前日)となります。その為、請求書の提出は、支給開始年齢になってからです。

つまり、65歳の誕生日の前日です。

④請求書の提出先

■国民年金のみの方⇒住所地の市区町村役場

■厚生年金の被保険者期間を有する方⇒年金事務所

 

繰下げ請求の手続きについて

このブログでも、ひつこい位に「繰下げ請求」を推奨しております。

 

そうです。狙いは42%の増額なんです。

 

つまり、65歳で請求するのではなく、70歳以降にしましょう、との事です。

また、「繰下げ請求」は70歳でなくてもいいのです。66歳以後であればできます。

 

その際に、年金請求書と一緒に提出頂く書類が「老齢基礎・厚生年金支給繰り下げ請求書」です。

 

★尚、繰下げ請求については、70歳以降についても請求できるような動きがあります。しかし、現行はあくまで70歳までには請求をする権利がありますので、70歳の時点で請求漏れがないように十分に気をつけてください。

 

年金について、更に詳しい情報を知りたい方は、専門の社会保険労務士の先生もご紹介できますので、お気軽にご相談下さい。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

コメント