国民年金第2号被保険者

老後の生活・準備

皆様、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.67

本日は「国民年金第2号被保険者

 

★次回の『マネーセミナー』の開催案内です。

■12月8日(土)14時00分~16時00分

参加予約は「メニュー」⇒「セミナー予約」から

人生100年時代を笑顔で送る為のヒントが盛りだくさん!


国民年金第2号被保険者」とは、国民年金の加入者の中で、会社員や公務員など厚生年金に加入者の事です。

*尚、旧共済年金の方も、第2号被保険者になります。

 

国民年金第2号被保険者の特徴

第2号被保険者とは、言葉を変えれば厚生年金と旧共済組合に加入の方です。ですので、国民年金第1号被保険者とは、内容は大きく変わります。

 

■保険料は毎年見直しがあり、4月~6月の平均給与により決まる。

■将来受取る年金額に上限は決まっていない

*但し、年金の等級は、現在上限が31等級(標準報酬が62万円)で給与が63万5千円以上は全て、同じ等級になります。

■厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務する方であれば20歳未満の方も被保険者になる。

■保険料は事業主と折半される。

 

年金額を増やす手段は?

 

第2号被保険者は、第1号と違い、しくみを理解できれば、年金額を増やす事は可能です。

ポイントは3つです。

 

①被保険者期間を長くする。(例えば18歳~70歳まで52年間)

②毎年4月~6月の給与を増やす(例えば残業を集中させる等)

*但し、保険料も増えます。

③年金は70歳以降に繰下げ請求する。

*具体的な試算はした事がありませんが、この3つをやるだけで、何もしない方と比較して月10万円前後の増額は期待できます。

 

先日『年金を増やす裏ワザがある!会社員・フリーランスの年金支給額の増やし方』の記事を書かせて頂きましたので、ご参照下さい。

年金を増やす裏ワザがある!会社員・フリーランスの年金支給額の増やし方
人生100年時代を迎える上で、大切なのはやはり年金です。年金を増やす知識を若い段階で理解し、具体的に実行する事で、老後生活は大きく変わります。そのヒントを学びませんか。

 

併せて、『年金の繰下げ請求』の記事もご参照下さい。

年金の繰下げ請求
人生100年時代を迎えるにあたり、最大の準備手段が、年金の繰下げ請求です。その為に健康で70歳まで仕事をする事。そして、お金の勉強が必要なのです。

 

 

更に、究極の裏ワザを最後に紹介です。

まだ、未婚の男性は、年下の女性と結婚するだけで、通常よりも多く、年金を受取る事ができます。

いわゆる「加給年金」です。

 

興味ある方は「加給年金」の記事もご参照下さい。

加給年金
以外と知られていないのが、加給年金です。年下の奥様がおられる方には、非常に有利な制度であり、年金定期便では分からない情報です。奥様が年下であればある程手当がたくさんもらえる加給年金とは・・・。

 

魅力たっぷりの第2号被保険者!

この仕組みを有効に使うのも、皆様の心一つです!

 

残念ながら、何もせず、仕組みを知らないまま年金を受給の方がほとんどです。

 

本当に残念!!

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメント