中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

公的年金

知らないと人生を10倍損する金のしくみ』VOL.127

中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

■老後生活に欠かせないのが「年金

 

■大事だけど、よく分からないのが「年金

 

■誰も教えてくれないのが「年金

 

そんな、大事な年金についての解説をさせて頂きます。

 

年金といっても様々な年金があります。

■公的年金(国民年金・厚生年金)

■私的年金(公的年金の上乗せ給付)

・個人年金保険

・国民年金基金

・確定拠出年金(iDeCo)

 

本日は、その中で公的年金についての解説です。

何を払って何をもらうのか

払うのは保険料

お仕事の内容により2つに分かれます。

 

国民年金保険料(自営業、フリーランス、学生等)

毎年、4月初旬頃に日本年金機構から「国民年金保険料納付書」が送られてきます。

 

そして、学生の方には「学生納付特例制度」のご案内も同封されます。

 

厚生年金保険料(会社員、公務員)

給与から自動的に天引きされます。

 

もらうのは年金

・入金日:偶数月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)の15日

 

・金 額:2月分の年金が自分が指定した銀行口座に振込されます。

 

どれくらいの期間、保険料を払うのか

国民年金保険料

20歳から60歳までの40年間です。

 

保険料は、毎年見直しがあります。

 

令和2年度の保険料は16,540円です。

 

ご参考までに、過去40年間の保険料推移です。

■昭和51年4月:  1,400円

■昭和61年4月:  7,100円

■平成  8年4月: 12,300円

■平成18年4月: 13,860円

■平成28年4月: 16,260円

■平成30年4月: 16,340円

 

厚生年金保険料

国民年金と違うのが

①保険料は、自分の月額給料(毎年4月~6月の平均)で決まる。

 

②保険料の半分は事業主(会社)が負担してくれる。

 

*ご参考までに40歳以上の方の保険料を紹介です。

(平成30年9月まで)

■給料30万円:35,220円(17,610円)

■給料40万円:48,134円(24,067円)

■給料50万円:58,700円(29,350円)

*(   )内が自己負担分です。

 

もらうときは、いつからどれくらいもらえるのか

原則65歳から終身もらえます

原則として65歳から、年金はもらえます。

 

但し、自分で請求しないともえらえません(重要)

 

尚、通常は65歳の誕生日月の3カ月前に、日本年金機構から「年金請求書」が郵送されます。

 

 

60歳以降に報酬比例部分のみもらえる方も

厚生年金に加入の方で、以下の生年月日に該当する方は、報酬比例部分のみ60歳~64歳まで段階的にもらえます。

 

<男性>

■昭和24年4月2日~昭和28年4月1日:60歳

■昭和28年4月2日~昭和30年4月1日:61歳

■昭和30年4月2日~昭和32年4月1日:62歳

■昭和32年4月2日~昭和34年4月1日:63歳

■昭和34年4月2日~昭和36年4月1日:64歳

 

<女性>

■昭和29年4月2日~昭和33年4月1日:60歳

■昭和33年4月2日~昭和35年4月1日:61歳

■昭和35年4月2日~昭和37年4月1日:62歳

■昭和37年4月2日~昭和39年4月1日:63歳

■昭和39年4月2日~昭和41年4月1日:64歳

 

*ちなみに「報酬比例は、こんな感じです。

厚生年金には定額部分(基礎年金)と報酬部分があります。

いわゆる給与に比例して支払われる部分です。

 

では、いつまでもらえるのか??

 

60歳以降の報酬比例部分は65歳に到達するまで。

65歳以降の老齢年金は終身です。

 

つまり、亡くなるまで支給されます。

 

どうやって払えばいいのか

基本的には4つの方法があります。

 

尚、納付期限は、法令で「納付対象月の翌月末日」と定められてます。

 

現金(納付書を持参して銀行等で)

 

 

口座振替

 

 

クレジットカード

 

 

ペイジー

ペイジーは、金融機関に並ぶ必要はありません。

パソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払う事ができます。

 

 

そして、ただ払えばいい訳でもありません。

 

どの払込手段がいいのか

安くなる手段がありますので、有効に活用するべきです。

 

例えば、

■現金よりは口座振替

■毎月払いよりは前納払(2年、1年、6カ月)

■クレジット払の時は、ポイント還元率を確認!

 

こんな場合はもらえない

年金制度は複雑です。

完璧に覚える必要はありませんが、基本だけは押えましょう。

 

資格期間が10年未満

かつては、25年以上必要だった加入期間が10年に短縮されました。

 

そして、10年という期間には、保険料を納めた期間以外にも、含めてもいい期間があります。

 

①保険料免除期間

②合算対象期間(任意加入できるのに加入しなかった期間等)

 

尚、当たり前ではありますが、「保険料未納期間」は10年に含まれません。

 

年金が減らされるケース

65歳からの受取開始を60歳に早めた場合(国民年金)

これを繰上げ請求といいます。

 

この場合、本来40年間保険料を納めた方で、65歳から受給すれば1カ月で64,941円もらえはずが、45,458円に減額されます。

 

つまり、1カ月につき、0.5%減額されるのです。

 

働きながら、年金をもらう場合(在職老齢年金)

■65歳未満:老齢厚生年金の基本月額と総報酬月額相当額の合計が

28万円以上

 

■65歳以上:老齢厚生年金の基本月額と総報酬月額相当額の合計が

47万円以上

共に、超えた金額の2分の1に相当する年金額が減らされます。

 

在職老齢年金についての記事です。

 

 

年金が増えるケース

60歳からの受取開始を遅らせる場合

これを繰下げ請求といいます。

 

具体的には65歳以降、1年経過以降であれば、繰下げ請求ができます。

 

仮に、70歳まで遅らせた場合は、1カ月につき0.7%の増額率が加算されますので、何と42%の増額

 

本来、65歳から64,941円の予定が

92,216円

 

年金の繰下げ請求についての記事です。

 

 

年下の奥様と結婚した場合の加給年金

このブログでも、何度も紹介をさせて頂きました。

 

65歳時点で、奥様が64歳未満であれば、特別手当出ます。

 

詳しくは、こちらの記事をご参照下さい。

加給年金

 

 

付加保険料を払っていた方

付加年金についても、このブログで何度もご紹介をさせて頂きました。

 

詳しくは、こちらの記事をご参照下さい。

年金を増やす裏ワザがある!会社員・フリーランスの年金支給額の増やし方

 

年金については、複雑で1回、2回聞いただけで理解できるものでもありません。

何度も学び続ける事が大事です。

 

■年金のしくみが理解できない方

■将来、自分がもらえる年金額を知りたい方

■年金を増やす方法を知りたい方

 

そんな方は、個別相談をご活用下さい。

個別相談に申込します

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント