米金利 長短逆転 さあどうすべきか!

経済

米金利11年ぶり長短逆転

2018年12月5日、日本経済新聞の記事より

 

知らないと損するお金の極意」Vol.224

 

米国の長期金利と短期金利が11年ぶりに逆転しました。

どういう事か?

 

長期金利とは、通常は10年物国債利回り2.97%に低下(12月3日)。

 

今回、注目された長期金利は5年債の利回り2.81%

そして、短期金利である2年債の利回り2.82%

 

通常は2年債よりも、期間が長い5年債の方が利回りは高くなります。それが、逆転したのが、実に2007年6月以来、11年半ぶりなのです。

 

ちなみに、10年債と2年債の利回り差も0.15%まで縮小

 

では、この長短金利が、どのような影響を与えるのか?

 

過去2度の長短逆転

実は、米金利の長短逆転は、この20年の中では2度ありました。

 

1.ITバルブ時(2000年2月~12月)

この1年後に、ITバブルが崩壊し、景気が後退しました。

 

 

2.住宅バブル時(2005年12月~2007年5月)

その後、住宅バブルが崩壊し、金融危機が発生しました。

*ちなみに2006年頃の米国10年債は一時5%まで上昇しました。

 

つまり、「長短金利の逆転現象」は景気後退のサインになったのが、過去2度の歴史です。

 

そもそも金利の決定要因は?

金利決定の最大の要因は景気になります。

景気が良くなり、住宅が売れ、自動車も売れる、個人消費が上昇すると、金利は上昇します。

 

一方で、個人消費が低迷し、企業の設備投資も減少すれば、金利は下がります。

 

つまり、将来的に、景気の後退が予想される場合、金利は下がります。

 

 

しかし、現実、短期金利と長期金利では、決定要因が変わります。

■短期金利はFRB(米国の中央銀行)の金融政策の姿勢

最近のFRBの姿勢は、利上げ継続→利上げに慎重??

 

■長期金利は資金需要(長期の運用ニーズ)

米国債は、通常安全資産として、世界中で運用されています。

つまり、投資家がリスクを取れない場合は(例えば新興国が不安定)、安全資産である米国債が買われます。そして、金利も上昇します。現実、10年国債の利回りは2018年4月後半から3%台の大台に乗り、10月には3.36%まで上昇しました。

 

しかし、それが全てではありません。国内の経済状態も影響します。

 

今、どういう判断をすべきか?

私の結論は一環しています。

分散投資を進めるだけです。

 

景気も金利も常に変動します。

 

株価も債券も、常に変動します。

 

金融商品に完璧な商品などありません。

 

米金利に逆転現象が起ころうと、やる事は変わりません。

 

■日本の銀行のみで運用しても、増えません。

■資産は世界に分散する。

■金融商品も複数商品に分散する。

 

特に、下記に該当する方は、真剣に考える時期です。

■銀行預金が全ての方。

■株式のみの方。

■投資と投機(仮想通貨、FX等)を混同されている方。

 

次回の「マネーセミナー」では、米国債について、重点的に解説をさせて頂きます。

多くの証券会社が語らない「米国債」の全てを、お伝えさせて頂きます。

 

★セミナーの日程のご案内です。

■12月8日(土)14時00分~16時00分開催分

マネーセミナー開催案内
ー初心者向けのやさしいお金の勉強会ー <人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!> 会場:プラット2.2 札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル1階 定員:10名 参加費:2...

■12月18日(火)18時30分~20時30分開催分

マネーセミナー開催案内
ー初心者向けのやさしいお金の勉強会ー <人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!> 会場:プラット2.2 札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル1階 定員:10名 参加費:2...

10名以下の小人数で、質問も自由。

お気軽にご参加下さい。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント