眠れないほどのお金の不安を解消する考え方

お金の勉強

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ』Vol.226

 

眠れないほどのお金の不安を解消する考え方

 

お金がないんです・・・・・。

こんなご相談を数多く頂いて、30年。

 

時代は変わっても、環境が変わっても、日本人の悩みのトップはやはり

お金なんです。

お金の不安は誰にでもつきもの

今年、私の開催する「マネーセミナー」に何度もご参加を頂いている50代の男性がおります。

 

大手企業に勤務。

会社で退職金制度も完備。

夫婦で厚生年金に加入。

 

そして、お子様いないので教育資金もかからない・・・。

 

で、何が悩みなんですか・・・・??

 

どうやら、昔、FXを勧められ、調子に乗って、のめり込んでしまい、気がついたら全財産を失ったそうです・・・・。

でも、毎月の安定収入はあるのです。

 

それでも不安で不安で、ネット検索で、私のブログにたどりつき、セミナーに参加。

 

既に、今年4回、セミナーにご参加頂き、毎回、熱心にご質問もされます。

不安の原因は『お金の知識』のなさ

マネーセミナーにご参加をされる方とは、個別にお話しをさせて頂いておりますが、多くの共通する事があります。

 

お金の知識がない事です。

 

大きく2つです。

■自分の入っている年金の種類が分からない。

当然、自分の年金がいくらもらえるのかが、分からない。

■お金の増やし方が分からない。

投資は危険なので、やらない方がいいと思っている。

 

確かに、昔銀行で仕事をしていた自分も、年金の知識、投資の知識は乏しかったです。

ましてや、一般の方であれば、自分で勉強しない限りは、誰も教えてくれないのが日本です。

 

つまり、これは国の責任なんです。

 

お金の教育をしない日本。

本来、義務教育でやるべきです。

 

お金の教育をしなかった、今の日本の現状が

老後破産の急増です。

 

まず、日本の年金制度は複雑です。

複雑に加え、法改正で、変わる、変わる・・・・。

 

専門家でも、正しく理解する事は困難なのが、日本の年金制度。

 

しかし、最低限覚えておきたい事もあります。

1.自分の入っている年金の種類。

2.65歳から、いくらもらえるのか。

3.繰下げ請求(70歳から受給)した場合、いくらもらえるのか。

 

この程度は理解しておかないと、老後資金準備の基本であり、入り口の部分になります。

 

そして、更に深刻なのが

お金の増やし方が分からない

 

約1,800兆円ある日本の金融資産。

 

その約52%は、銀行預金です。

 

0.01% (定期預金金利)

0.001%(普通預金金利)

 

つまり、ほとんど増えない銀行預金に、日本人の半分以上が預けているのが現実です。

そもそも、皆さんが、毎月払っている年金保険料

この大事なお金は、投資で運用されているのです。

 

具体的にはGPIF

年金積立金管理運用独立行政法人。

 

詳しくは「GPIF」の記事をご参照下さい。↓

GPIF
国民の皆さんが、毎月払っている年金保険料は、国で一括で投資運用されています。その運営する組織がGPIFです。運用のプロ集団が安全且つ効率的に保険料を増やしております。

 

ちなみに、平成13年度~平成30年度第2四半期の運用成績は

3.33%(年率)

*累積の収益額は約71兆円

 

それでも、あなたは「投資」を否定されますか?

お金の不安解消1.もらえるお金、かかるお金を知る

お金の不安を解消する上で、一番大事な事は、生涯にわたるお金の全体像を理解する事です。

■生涯にもらえるお金

■生涯、かかるお金

この2つを理解するだけでも、大きな不安は解消されます。

もらえるお金とは

生涯にわたりもらえるお金の代表格は年金です。

年金には公的年金と私的年金があります。

 

特に、公的年金は国が終身で保障する貴重な老後資金になります。

 

しかし、公的年金でも、国民年金なのか、厚生年金かでもらえる年金額が大きく変わります。

更に、何歳からもらうのか?

1歳きざみ(細かく言えば、1月単位)で変わります。

ですので、年金の知識は大事なのです。

そして、公務員や大手企業にお勤めの方であれば、退職金があり、企業年金がある会社もあります。

 

ですので、若い時期から、自分がもらえるお金を理解し、どのように運用するのかが非常に大事な選択になります。

生涯にかかるお金

一方で、生涯にかかるお金もあります。

以前、「老後にかかるお金のすべてー100年人生を生きぬくために」の記事を書かせて頂きました。↓

老後にかかるお金のすべてー100年人生を生きぬくために
漠然としか知らない、老後のお金。老後の生活にかかる各種費用をまとめて紹介。老後の生活費はもちろん医療費、がんになった場合にかかる費用など準備しておかないといけないお金の総額はどれくらいか。お金を準備しない場合に起きるころを解説しています。

 

ポイントは2つです。

1.老後の住む場所。

2.医療費(特にがん)、介護、認知症対策。

お金の不安解消2.増やすことに目を向ける

多くの方が貯金をされています。

かつて、個別相談に来られた方で、毎月9万円、或いは10万円を貯金されている方がおりました。

 

しかし、それでも不安なのです。

 

なぜなら、ある方は銀行の普通預金に、ある方は財形貯金をされておりました。

銀行の普通預金金利は0.001%。

財形貯金は0.05%。

 

これでは、増えません。

効率が悪すぎます。

ですので、貯めるのではなく、増やす事が大事なのです。

 

では、増やす為のポイントを3つ紹介です。

1.世界に目を向ける

2つの根拠

①世界の経済成長率は3.8%(日本は1%)

②世界の人口は伸びてます。(日本は減少中)

 

2.分散投資

分散投資」についての記事を↓

分散投資
分散投資とは大きく、資産と時間を分散する投資手法です。なぜ、分散投資が必要なのか?今、日本国内だけで資産を増やす事はできない状況です。世界に目を向けあらゆる資産に分散する事がリスクを抑えながら確実に増やす手法なのです。

 

3.毎月、コツコツ

低金利の時代は、一括投資よりもコツコツ投資がお勧めです。

その根拠の記事はこちらです。

一括投資よりも積立投資を推奨する理由とは」↓

一括投資よりも積立投資を推奨する3つの理由とは
投資には、まとめて一括で運用する方法と、毎月コツコツと積立で運用する方法があります。どちらがいいのか?今の時代は、積立投資をお勧めします。その理由とは。

 

問題は、ここから先が中々進めない方が多いのです。

 

私が感じている理由は3パターンに分かれます。

(1)やはり投資は怖い

(2)信用できる方、相談できる方がいない

(3)そもそもお金がない

 

では、各パターンでの問題解決として一言。

(1)やはり投資は怖い

気持ちは十分に理解できます。

本当に、投資を理解して、増やしたいのであれば、投資の基本を理解する事です。

投資の成績の構造を理解する事です。

 

投資の成績=量(口数)×価格

 

多くの日本人は「価格」しか見ません。

そこが、そもそもの間違いです。

投資の基本は、毎月「」を増やす事です。

「量」は減りません。

「量」は増え続けるのみです。

 

価格が下がった時に解約をする、だから損をするのです。

 

価格が下がった時は、「」を増やす絶好のチャンスなんです。

 

このしくみを理解する事です。

 

(2)信用できる方、相談できる方がいない

これも理解できます。

日本にはたくさんのFP(ファイナンシャルプランナー)がおります。

 

そして、多くのFPが「マネーセミナー」を開催されています。

参加をされて、個別相談を受けて、結局は

『保険の勧誘を受けました』

『よく説明を受けないまま外貨建保険に契約しました』

 

本来、FPは営業マンではないのですが・・・・。

営業をする為にFP資格を利用されている方が多いのが現状。

 

本当に、顧客の利益を最優先に考えるべきFPが、自身の利益を最優先に考える。

これでは、信用できません・・・。

 

(3)そもそもお金がない

実は、多くの方の口癖が「お金ない」・・・・。

そんな方に2つのアドバイスをさせて頂きます。

 

①投資は、毎月5,000円からできます。

実は、ネット証券を利用すれば、毎月500円からでもスタートできます。

しかし、お勧めは、5、000円です。

 

5,000円であれば、何とか捻出できる金額です。

そして、5,000円で、効率の高い積立投資が可能です。

本日は、3つ紹介です。

 

その1:iDeCo

特に20代~40代の方にお勧めの非課税運用商品。

詳しくはiDeCoって何ですか?を↓

iDeCoって何ですか?
金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。意外と知られていないiDeCoについて・・・。

 

その2:つみたてNISA

20歳以上であれば、年齢に関係なくリスクの少ないファンドで長期運用が可能。

詳しくは「積立NISAを丸裸」を↓

積立NISAを丸裸
「貯蓄から資産形成へ」金融庁が推奨する積立投資。その代表的な商品が「積立NISA」です。20歳以上の方であれば、誰でもできる。その中味を丸裸にしました。

 

その3:変額保険

0歳からスタートできる、究極の長期複利商品で、世界経済の成長の享受が可能。

詳しくは「変額保険」を↓

変額保険
お勧めする金融商品は時代と共に変わります。今の時代の有力な金融商品の1つが「変額保険」です。しかし、有力な商品にも関わらず、販売をしている保険会社、販売実務経験者が少なく、正しい情報が伝えられていないのが最大の問題です。ポイントは世界経済に分散投資をする事です。

 

ちなみに、毎月5,000円でも、コツコツと継続すれば効果ははっきり出ます。

 

例えば、20年間継続すれば、払込金額総額は120万円です。

■平均3%で運用できれば約163万円

■平均5%で運用できれば約203万円

仮に、銀行の定期預金(0.01%)であれば、120万円に増えるのは1,200円です。

 

②貯蓄の基本は

収入ー貯蓄=生活費

つまり、毎月の収入から、まず貯蓄金額を決め、残った金額で生活をする事です。

しかし、多くの方は逆なのです。

 

*間違った貯蓄方法

収入ー生活費=貯蓄

これでは、中々貯蓄ができません。

そして、改めて、日本の最大の問題は

 

お金の教育ができていない

お金の悩みを相談できる方がいない

この2点に集約できます。

 

金融実務30年の経験を生かし、このブログで更なる情報を発信させて頂きます。

個別相談もご活用下さい。

個別相談の申込」 ←クイックで申込画面へ

 

「知らないと損するお金のしくみ」

知らないと損するのは、自分自身なのです。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント