老後・年金受給中に生活保護を受けるための条件

老後の生活(年金・離婚・障害)

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ』Vol.232

 

老後・年金受給中に生活保護を受けるための条件

 

生活保護を受給する高齢者が急増中

 

生活保護の目的は最低生活の保障です。

具体的には「資産、能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する者に対し、困窮の程度に応じた保護を実施」する事です。

 

一方で、老後の生活に困ったら生活保護を受ければいいんじゃないの・・・。

そう思われている方もおります。

 

更に、年金だけで生活するより生活保護を受給する方が有利!?

 

果たして、そうなんでしょうか??

 

あらゆる角度から分析をしてみます。

生活保護を受けるための条件

分かり易く説明すると、以下の3点になります。

 

■最低限の生活を維持する為の収入がない。

(年金、企業年金、軍人恩給等々)

 

■換金できる資産(不動産、自動車等)は活用、売却する。

 

■お子様やご兄弟、ご親戚などから、できる限りの援助をお願いする。

ですので、生活に困窮したら、無条件で受給できる訳ではないのです。

 

更に、生活保護は、ご本人だけではなく、同居されているご家族皆様の収入を合わせても、最低基準の生活に満たない世帯に受給されるものです。

 

年金を受け取りながら生活保護を受けることは可能なのか?

実は、多くの方が、勘違いをされている事があります。

■生活保護を受けると仕事をしてはいけない。

■生活保護を受けると、年金がもらえない。

 

以上の2点とも誤りです。

生活保護を受けていても、仕事ができるのであればやるべきです。

また、生活保護と年金は併給受給する事ができます

 

但し、受給できる併給金額は、生活保護支給額が上限になります。

 

生活保護の受給額は、住んでいる地域世帯数年齢等により決定されます。

仮に、ある地域の最低生活費を13万円とします。

国民年金で6万円を受給できるのであれば差額の7万円は生活保護から受給できます。

13万円(最低生活費)=6万円(年金)+7万円(生活保護)

 

生活保護は安易に考えると大変な事になる!

以前、生活保護の不正受給が問題となりました。

 

制度を悪用する人間は、いつの時代にも現れ、許されるものではありません。

 

一方で、悪用する気持ちはなくとも、制度を理解せず、安易に考えている方もおります。

更に、年金だけの生活よりも生活保護の方が優雅だ!

と思われている方。

そんな方への注意点です。

 

自由にお金が使える年金と自由にお金が使えない生活保護

仮に、年金収入が13万円のAさんと生活保護で13万円受給されているBさんを比較します。

Aさんは、年金収入の中から、税金や社会保険料、医療費も払います。

ですので、生活費として自由に使えるお金は10万円とします。

 

一方で、Bさんは、税金や年金保険料、医療費も免除。

よって、13万円は全額生活費に使えます。

 

金額だけで見ると、生活保護が優雅に見えるのは確かです。

 

しかし、生活保護には様々な制限もあるのです。

■自宅も車も所有できない。

 

■貯蓄型保険や高度な生命保険には加入できない。

 

■担当ケースワーカーによる立ち入り調査がある。

生活保護費を不正受給していないか

 

■多額の貯蓄はできない。

■好きな場所に住めない。

■借入はできない。

 

■希望する病院で受診はできない

「医療機関が指定される」

 

つまり、生活保護は最低限の生活確保であり、贅沢はできません。

 

年金保険料の滞納は要注意!

実は、最近危惧している事があります。

老後生活が苦しくなったら生活保護を受給できるので、年金保険料は払うだけ損

こんな主張を認めたら絶対にいけないのです。

 

そもそも年金も生活保護も、国民の税金と保険料で運営されています。

仕事ができて、保険料も払える方の滞納が増えればどうなるか?

 

制度自体の運営が難しくなります。

 

また、国民年金保険料を滞納すると、どうなるか?

 

財産の差し押さえや延滞金の徴収が実施されます

そして、国民年金保険料は、配偶者や世帯主が連帯して納付する義務がありますので、自分だけの問題ではありません。

 

家族全体に迷惑を掛ける事になります。

 

人生100年時代は楽しむ時代

仮に65歳で仕事を退職。

100歳まで生存すると仮定すれば、老後生活の期間は35年です。

 

この35年を最低限の生活で過ごすのか?

自由にやりたい事をやり楽しく過ごすのか?

 

様々な事情で生活保護を申請する事は止む得ない事です。

 

しかし、できれば、若い時から、老後資金の準備を始め、

人生100年時代を楽しく過ごしたいものです。

 

贅沢はできなくても、老後生活は

■旅行やドライブ

 

■孫へのお小遣い

 

■趣味やスポーツ観戦、音楽鑑賞

 

やりたい事はたくさんあるのではないでしょうか。

 

せっかく、長い人生、真面目に働き、老後生活を迎えて以降、老後破産になったらどうなるか?

こちらの記事もご参照下さい。

『老後破産の現実はこうだった!実例で見る老後破産』↓

老後破産の現実はこうだった!実例で見る老後破産
NHKスペシャルで一気に注目された老後破産。現役FPが見た老後破産の実例を紹介、老後破産の3つの原因、老後貧乏にならないための4つの方法をまとめています。

 

そして、老後破産を防ぐ為には、若い頃からの準備が必要です。

生活保護に頼らず、豊な年金生活を送る為の知恵を行動が必要です。

 

不安な方、今何をすべきか、分からない方

個別相談」をご活用下さい。

■自分の年金がいくらもらえるのか、増やす方法があるのか

■お金の計画的な効率のよい増やし方

悩んでも、時間の無駄です。

全国対応をさせて頂いております。

個別相談に申込します  ←クイックで申込画面へ

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント