iDeCoの元本保証型/元本確保型でマイナスになるケースとは

お金を増やす(金融商品)

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ」Vol.246

 

iDeCoの元本保証型/元本確保型でマイナスになるケースとは

先日、iDeCoに関する統計資料を見て、びっくりしました。

iDeCoに加入されている方が、実際に運用されている商品のデータです。

なんと、約60%が、元本確保型!

 

これって、元本割れになる可能性が高い事をご理解されているのでしょうか??

元本保証でありながら、元本割れする??

 

そんな事あるの??

 

あるんですよ!

 

知らないと、人生10倍どころの損ではないのですよ・・・・。

 

iDeCoの元本保証/元本確保型とは?

iDeCoの運用は、通常2つのグループに仕分けされます。

■元本確保型

■元本変動型

 

そして、多くの方が、誤解をされている元本確保型についての解説です。

元本確保型の具体的な商品は、銀行の定期預金です。

つまり、銀行の立場から言えば「元本保証」です。

 

しかも、『iDeCoで活用すれば、税金も非課税ですよ。

ですので『定期預金で預けるなら銀行よりも、iDeCoが有利』ですよ!

 

こんな、お話しを聞けば「あ~、そうなんだ」と思います。

 

しかし、「元本確保」「元本保証」どちらでもいいのですが、保証されるのは預けた払込元本をお約束した金利で運用しますよ、との事。

 

つまり、投資と違い、変動はありませんよ、との事です。

 

変動がないと聞いて、安心をされている方が多いかと思います。

残念ながら、iDeCoはそれだけでは終わりませんよ。

 

その他に手数料の存在があるのです。

 

元本保証/元本確保型で保証されないことがある!

手数料でマイナスになる可能性が高い

iDeCoに加入すると、様々な手数料が発生します。

■加入時に2,777円(1回のみ)

■加入中で、毎年最低で2,004円(金融機関により更に高くなります)

■解約時に432円

 

ここで、要注意なのは、加入中の手数料です。

仮に、金融機関の手数料がゼロでも、最低限かかるのが、年間で2,004円です。

 

イメージができるように、具体例で計算します。

■毎月2万円、元本保証型で運用

*SBI証券の1年定期で0.02%(2019年5月17日現在)

・毎月2万円×12カ月=24万円

・24万円×0.02%(金利)=48円(受取利息)

・加入中手数料は2,004円

 

24万円+48円(利息)-2,040円(手数料)=238、044円

238,044円ー240,000円=-1,956円

 

 

つまり、年間24万円を非課税の商品で運用したつもりが、何と

1,956円の元本割れ

 

 

仮に金利がこのまま変動なければ、将来的な赤字額は

10年後で19、560円

20年後で39、120円

 

元本保証どころか、元本割が拡大するだけなのです。

 

ちなみに、元本割れを防ぐには、最低でも0.85%の金利が必要です。

ですので、今の金利情勢で、定期預金は不適格な運用商品です

 

しかも、約60%の方が元本確保型を指定しているのが現実。

いえいえ、約60%の方が元本割の商品を選択されているのです。

 

インフレリスクで資産がマイナスになる?

では、角度を変えます。

仮に、金利が損益分岐点の0.85%で運用できた、と仮定します。

このケースでも手数料を考慮すれば、払込元本から増えてません。

 

更に、物価上昇が続けばどうなるか?

ちなみに、私の大好きな日清のカップヌードルは180円から193円に値上げ。

コカ・コーラは4月に、27年ぶりになる値上げ(6~10%)になりました。

 

世間では携帯の通信料金の値下げや、10月からの幼児教育・保育無償化の要因があり、全体的にはインフレとは言えませんが、我々の生活に直結する食料品やJRの運賃等、本年4月或いは10月以降の値上げが続きます。

 

仮に、物価上昇は平均で1%、2%続いた場合のお金の価値はどうなるのか?

分かりやすい例で比較します。

■1,000万円の現金を保有。物価上昇により価値がどうなるか。

1%の物価上昇:20年後→817万円、30年後→739万円

2%の物価上昇:20年後→667万円、30年後→545万円

 

つまり、時間の経過と共に、お金の価値は大きく減少するのです。

 

ですので、インフレに対応できる運用の選択肢も必要になります。

 

安全かつ利益を出すiDeCoの運用方法

せっかく、iDeCoを始めたが、投資には慎重で、元本変動型に移行できない方向けへのアドバイスです。

 

安全且つ効率を基本方針として、大きくお金を運用している団体があります。

それは、皆様が毎月払っている年金保険料を管理している

GPIFです。

年金積立金管理運用独立行政法人

 

 

大事な国民から預かっているお金ですので、固く運用されています。

しかし、その50%は株式による運用です。

債券では残念ながら中々増えないのです。

 

株式で運用すると、様々な政治情勢、天変地異等により株価は大きく動きます。

時には10%を超える経済不況になる事もあります。

 

しかし、長い期間で分析をすれば、世界経済は様々な苦難を経験しながら順調に成長をしております。

 

そして、GPIFの運用も、過去17年間の歴史を見れば、赤字の年が6回

そんな状況でもトータルでは2.73%のプラスの収益を出しております。

累積の収益額は56.7兆円です。

 

詳しくは↓ 2018年度第3四半期運用状況

2019年度の運用状況|年金積立金管理運用独立行政法人
年金積立金管理運用独立行政法人のWebサイトです。当法人の運用状況、運用方針、運用委員会等に関する情報を掲載しています。

 

つまり、投資に対して不安で躊躇されている方。

実は、自分のお金は既に投資で順調に増えているのです。

 

それがGPIFなのです。

 

つまり、GPIFは投資初心者の教科書なのです。

 

安全且つ効率的に運用したいのであれば、真似をすればいいのです。

 

そして、更に大事な事が2つあります。

早く始める事。

長く続ける事。

 

つまり、時間を味方にする事が最大のポイントなのです。

参考記事もあります。

「時間を味方にできる方が最後は勝つ」

 

中には、ポイントはファンドでは?と思う方も多いです。

はい、確かにファンドの選択も大事です。

 

しかし、その前に投資の基本を理解する事です。

併せて、iDeCoのファンドは途中で変更もできます。

 

不安な方は、プロに相談された方が早いです。

まずは、スタートする事です。

 

スタートした後で、勉強すればいいのです。

 

iDeCoの他に選択肢は?

実は、iDeCoを始めようとされた多くの方からご指摘を頂く事があります。

ネット証券で申込をしようとしたが、中々スムーズに進まない・・・。

 

せっかく、口座開設までできたと思ったら、ファンドの選択で再度ストップ。

 

結局、止めました・・・・。

 

そして、他に何かありませんか?

そんな声に答えて、2つの方法を紹介です。

 

変額保険

変額保険はネット証券で申込はできません。

生命保険ですので、対面での申込です。

 

iDeCoと同様に、株式の成長力と時間を味方にして高い運用が期待できます。

更に、生命保険ですので、万一の際の死亡保障も付帯されています。

 

そして、手続きも、実にシンプルです。

 

詳しくは、下記の記事をご参照下さい。

変額保険

 

米国ゼロクーポン債

投資の必要性は分かるが、どうしても株式には抵抗のある方にぴったりです。

米国が発行する債券。

ですので、安全性では世界一の金融商品になります。

 

米ドル建での元本保証です。

しかも、手数料はなし。

 

詳しくは、下記の記事をご参照下さい。

米国債(ゼロクーポン債)

 

何事も始める際は躊躇します。

不安な方は個別相談をご活用下さい。

個別相談に申込します

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. […] iDeCoの元本保証型/元本確保型でマイナスになるケースとは最近、iDeCoを始めたが、実は中味をほとんど理解していなく、且つ元本保証型を選択されている方が多いのが実態です。しかし […]

  2. […] iDeCoの元本保証型/元本確保型でマイナスになるケースとは最近、iDeCoを始めたが、実は中味をほとんど理解していなく、且つ元本保証型を選択されている方が多いのが実態です。しかし […]