老後資金2000万円を貯める為の3つのキーワード数字

お金の勉強・基本

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ」Vol.265

 

老後資金2000万円を貯める為の3つのキーワード数字

 

今や、すっかり定着した言葉。

「老後2000万円」

 

老後資金に必要な金額は1人1人違います。

2000万円という金額がいいのか、間違っているのかは大きな問題ではありません。

 

 

全国民が、老後資金の準備に関心を持つ事が大事なのです。

そして、具体的に準備を始める事が大事なのです。

 

 

しかし、現実は、何をどうすればいいのか?

中々、行動できない方が多いのも現実です。

 

 

答えは1つではありません。

選択肢もたくさんあるのです。

 

 

本日は、「2000万円」という数字に敢えてこだわります。

そして、「2000万円」を貯める為のキーワードについて発信させて頂きます。

 

 

2:目標は、毎月2万円

キーワードの1つ目は、「」です。

 

多くの方は、ゼロからスタートします。

ですので、毎月の積立金額を決める事から始めます。

 

 

多ければ、多い程いいのですが、無理をすると長くは続きません。

一方で、金額が少ないと、中々溜まりません。

 

 

無理なく、長く続けられる金額。

それが、2万円です。

 

 

ちなみに、楽天証券が興味深い調査結果を公表しております。

 

2012年から2017年の5年間で楽天証券で口座開設をし取引デビューをしたお客様の実態調査です。

■投資デビューは30代が最多

■積立額は毎月2.8万円

 

3:30歳と3%

2つ目のキーワードは「」です。

 

「3」には、2つの意味があります。

 

30歳からスタート

スタートは早い方が有利です。

理想は20歳からですが、収入が少ない時期の2万円は負担が大きいです。

 

一方で、40歳では、スタートが遅い為、毎月の金額を上げないと達成は厳しくなります。

ですので、30歳で腹を決める事が大事です。

 

平均3%のリターンを目指す

毎月、せっかく2万円の積立を始めても、金利が付かなければ意味がありません。

金利は当然高い方がいいのです。

 

 

しかし、昨今の低金利の時代に、長い期間5%以上のリターンを期待する事は困難です。

一方で、1%では、増えません。

 

 

3%という数字は実現が可能なリターンなのです。

その根拠が2つあります。

 

①GPIFは長期に亘り3%前後のリターンを確保

皆様が、毎月払い込んでいる「年金保険料」。

これは、GPIFが責任を持って運用されています。

 

 

ちなみに、GPIFの基本方針は2つです。

①安全

②効率

どこまでも、安全が第一なのです。

 

 

そして、2001年度~2019年度第1四半期の運用成績は

3.00%(年率)

 

 

つまり、安全に効率的に運用すれば、3%のリターンは可能です。

 

 

②世界経済の成長率は3%超え

日本国内だけを見れば、人口減少、少子高齢化。

成長率は1%弱。

 

 

ところが、世界全体を見れば、人口は増加してます。

米中の貿易戦争で、世界景気が低迷をしてはおりますが・・・。

 

 

国際通貨基金は、2019年7月23日。

改定した世界経済見通しで、2019年度の成長率を3.2%に引き下げました。

 

 

そして、2020年度は3.5%と予測をしております。

 

 

ご参考までに、世界最大級のファンドをご紹介です。

「ノルウェー政府年金基金」

1998年から21年間での平均利回りは5.5%です。

 

 

21年間の中で、様々な経済情勢等により、赤字の年は5回ありました。

しかし、長期間コツコツと継続する事で、確実に資産を増やす事ができました。

 

 

つまり、世界を味方にする事で3%のリターンは可能なのです。

 

 

4:40年の長期運用

ここで、投資の基本を確認させて頂きます。

長期・積立・分散

 

 

そして、投資の成績です。

投資の成績=量(口数)×価格

 

 

つまり、投資とは、「量」を買い続ける事です。

「量」は減りません。

「量」は増え続けるのみです。

 

 

ですので、リスクの変動を気にしない。

できるだけ、長い時間をかけて「量」を買い続ける事が大事です。

 

 

では、何故、40年なのか?

答えは、簡単です。

 

 

人生100年時代。

70歳まで働く事は当たり前の時代なりました。

そして、30歳から70歳までコツコツと積立です。

 

 

では、具体的に検証します。

[2000万円を貯める、平均利回りを3%]

 

では、期間により、毎月の金額がどう違うのか。

■30年→34、321円

■35年→26,970円

■40年→21、597円

 

 

このように、30歳から70歳まで、無理なく積立投資を続ける。

平均利回りも、欲を出さずに、平均3%を確保する。

 

 

これで、2000万円の資金を作る事は可能です。

 

まとめ

冒頭でも書かせて頂きました。

老後に必要な金額は全員違います。

 

 

ですので、2000万円が必ずしも正しいとは限りません。

まずは、ご自身で計算をする事が大事です。

 

 

そして、その入口になるのが、公的年金であり、『年金定期便』です。

以前、こんな記事も書かせて頂きました。

「年金定期便」は超重要書類ですよ!

 

 

 

そして、老後の生活費が、どれ位かかるのか?

以前、こんな記事を書かせて頂きました。

老後にかかるお金のすべてー100年人生を生きぬくために

 

 

更に、具体的にどのような考え方で準備をすればいいのか?

老後資金の準備について書かせて頂きました記事があります。

老後資金準備は3階建×2世帯の時代です

 

 

 

結局、自分の老後生活は自分で作り、守るしかありません。

その為に、今、何をしなければならないのか?

 

 

不安な方は、個別相談をご活用下さい。

個別相談ご希望の方は、下の赤文字をクイックして下さい。

個別相談に申込します

 

 

悩むだけでは、何も解決ができません。

時間の無駄なのです。

 

 

今は、行動を続ける時なのです。

昨日の自分よりも、一歩でも成長できる自分になれるように。

そのお手伝いをさせて頂きます。

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント