年金の繰上げ請求で生じるデメリットをわかりやすく解説

公的年金

人生100年時代を笑顔で送るためのお金の法則」Vol.326

年金の繰上げ請求で生じるデメリットをわかりやすく解説

新型コロナウィルスで生活が苦しく、年金を繰り上げて早くもらいたい。

そんな相談が、年金事務所にも増えているようです。

 

しかし、制度のしくみを理解しないままに繰上げ請求をすると、生涯にわたり、不利益を被る事もあります。

 

そんな、繰上げ請求で生じるデメリットを解説です。

 

繰上げ請求とは

本来の年金請求は65歳が原則です。

この請求時期を60歳以降に早める事。

これを、「繰上げ請求」と言います。

 

尚、繰上げ請求は60歳以降であれば、いつでも請求できます。

そして、繰上げ請求する事で、年金額が1カ月あたり0.5%の減額になります。

 

一方で、逆に、年金の請求時期を66歳以降に遅らせて請求する事を「繰下げ請求」と言います。

 

繰下げ請求の場合は、1カ月あたり0.7%の増額になります。

 

 

繰上げ請求と繰下げ請求の実態

厚生労働省年金局が公表してます「厚生年金保険・国民年金事業年報」のデータを紹介します。

2017年度末で70歳の受給権者の年金受給状況です。

 

国民年金の場合

■繰上げ請求している方の割合は19.7%

■繰下げ請求している方の割合は1.5%

 

現実は、繰下げ請求よりも繰上げ請求が多いですが、最近は繰上げ請求される方の割合もやや減少傾向です。

 

繰上げ請求の5つのデメリット

 

年金額が生涯にわたり減額される

年金を早くもらうと、その分年金額が生涯にわたり減額されます。

ここで勘違いされている方も多いようです。

 

減額されるのは、65歳まででしょ・・・。

いいえ、一生涯なんです。

 

では、具体例で検証します。

減額率は、1カ月につき0.5%です。

 

60歳で請求減額率は30%。

781,700円が547,190円に減額。

*令和2年度の金額。

 

つまり、年間で234,510円の減額です。

 

仮に60歳から年金をもらい、90歳まで生存した場合、30年間で約700万円の減額です。

 

*2022年4月から、1カ月あたり0.5%の減額率が0.4%に縮小されます。

 

繰上げ請求は取消ができない

とにかく、目先の収入が欲しくて繰上げ請求した。

でも、冷静に考えると、減額した年金額が一生続く事に不安を感じ、取消したい。

しかし、残念ながらできないのです。

 

付加年金も減額される

付加年金とは、毎月400円払込む事で、老齢基礎年金の上乗せができる制度です。

しかし、せっかくの上乗せ部分も、減額されます。

 

 

例えば、40年間、付加保険料を払った方は、年間で96,000円の増額になります。

この増額が67,200円まで減額されます。

 

仮に60歳から年金をもらい、90歳まで生存した場合の減額は約115万円。

つまり、老齢基礎年金と合わせて、約815万円の減額になります。

 

寡婦年金の受給権を失う

寡婦年金は、保険料を納めた期間が10年以上の自営業の夫が亡くなり、10年以上継続して婚姻関係にある妻に対して、60歳から65歳到達までの5年間に支給されます。

 

本来は60歳から寡婦年金、65歳から自分の老齢基礎年金をもらえるのですが、60歳からもらえるはずの寡婦年金はもらえなくなります。

 

障害基礎年金が請求できない

障害基礎年金は、65歳以前に初診日がある傷病が対象。

 

 

繰上げ請求すると、受給上の年齢は65歳とみなされるので、繰上げ請求後の障害は請求ができません。

 

ご参考までに、障害基礎年金の受給額です。

■障害基礎年金1級 977,125円

■障害基礎年金2級 781,700円

*金額は令和2年度の金額(毎年改定)

 

老齢基礎年金を60歳から受給した場合(満額) 547,190円(30%減額)

 

障害によりもらう障害基礎年金と、繰上げ請求によるもらう老齢基礎年金。

もらえる金額は大きく変わります。

 

まとめ

人生100年時代。

その生活を支える柱が年金です。

 

ですので、年金をいくらもらうのかは、非常に重要な問題です。

本来は、20代からイメージを描きながら、準備をするべきなのです。

 

具体的には、何歳からもらうのか。

いくらで生活するのか。

足りない金額をどのように準備をするのか。

 

早ければ早い程、効率的に準備ができます。

しかし、残念ながら現実は50代でも、多くの方が自分がもらえる年金額ですら理解されてません。

 

その結果起きているのは、65歳以降の生活保護の申請。

老後破産・・・。

 

健康に不安がある方等、一部の方を除き、年金の繰上げ請求でメリットを受けられる方は限られております。

 

逆に、デメリットが多いのが現実です。

 

複雑な年金制度。

本来は、義務教育で学ぶべきだと思いますが・・・。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント