公的年金

老後の生活・準備

中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

年金制度は大事な制度なんですが、複雑で理解する事が困難です。そこで、中学生でも簡単に分かる年金の仕組みを解説させて頂きます。
老後の生活・準備

学生時代の年金未納で将来の年金額はどれくらい減額される?

学生納付特例制度は、多くの学生が利用されている一方で、特例申請をしないで保険料未納の方も多く、更に30代前半までの年齢層で、保険料未納の方が多いのが現実です。 では、このまま未納が続くと、どのような影響が出るのか、知らないと、大変な事態になります。
老後の生活・準備

国民年金第3号被保険者

国民年金第3号被保険者は、不公平感がある、との事で様々議論がされています。一方で大事なのは届出です。特に第3号から第1号に変更になる場合は、しっかり届出をしておかないと、将来的に無年金や低年金になる可能性がありますのでご注意です。
老後の生活・準備

国民年金第2号被保険者

国民年金第2号被保険者とは会社員や公務員が加入している厚生年金保険の被保険者の事です。第1号被保険者とは違い、将来の年金額を確実に増やす手段があります。知らないと損ですよ。
老後の生活・準備

国民年金第1号被保険者

国民年金にはお仕事の形態等により3つの種別があります。その中で第1号被保険者とは主に自営業者や農業者、学生等が対象になります。第1号特有の有利な制度もありますので上手に活用する事で老後の生活にも大きく影響します。
老後の生活・準備

離婚年金分割

離婚年金分割という言葉を聞いただけで、離婚しても安心、と勘違いされる主婦の方は多いかもしてません。その多い勘違いについて解説をさせて頂きます。
老後の生活・準備

年金が減額される60歳以上が働くときの注意点とは?

今60歳の方は、特別支給の老齢厚生年金を受給する事はできます。しかし、働きながら年金を受給すると、一定の収入を超えると、年金が一部停止になる可能性もあります。それを踏まえて、60歳の働き方、何歳から年金を請求すればいいのか、ご提案させて頂きます。
老後の生活・準備

カラ期間

カラ期間は、年金を受給できるかできないのかを判断する上で、重要な期間になります。特に昭和61年3月以前に専業主婦だった方は、改めて確認するか、専門家にご相談されないと、受給できるはずの年金が受給できない可能性があります。
老後の生活・準備

障害年金

以外と知られていない障害年金。実はガン、糖尿病、精神病等々、請求できる方はたくさんいるのです。しかし、誤解が多く、トラブルも多いのが、障害年金です。今、病気やケガで仕事ができない方、生活に支障がある方は、勇気を持って、専門家に相談して欲しいのです。
老後の生活・準備

年金の繰下げ請求

人生100年時代を迎えるにあたり、最大の準備手段が、年金の繰下げ請求です。その為に健康で70歳まで仕事をする事。そして、お金の勉強が必要なのです。