公的年金

公的年金

「老後30年、2000万円不足」報道の誤解

2019年5月22日、金融庁から公表された「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響になっており、その中でも「老後30年、2000万円不足」との部分が数字だけ一人歩きをして混乱しております。では、その2000万円の算定根拠は?真実性はあるのか?解説です。
公的年金

「公的年金制度は破綻する」との声に反論する

2019年5月22日の金融庁の発信文章が元で「公的年金制度は破綻する」との声が広まりました。果たしてそうなのでしょうか。根拠はあるのか?様々な角度から「公的年金制度」について解説をさせて頂きます。
公的年金

失業した時の年金免除Q&A! 制度と手続きを知ろう

失業した時に、年金保険料を払う事が困難になる場合があります。そんな時に利用できるのが、保険料免除制度です。使わないと損する制度ですのでポイントを理解しましょう。
老後の生活・準備

中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

年金制度は大事な制度なんですが、複雑で理解する事が困難です。そこで、中学生でも簡単に分かる年金の仕組みを解説させて頂きます。
老後の生活・準備

学生時代の年金未納で将来の年金額はどれくらい減額される?

学生納付特例制度は、多くの学生が利用されている一方で、特例申請をしないで保険料未納の方も多く、更に30代前半までの年齢層で、保険料未納の方が多いのが現実です。 では、このまま未納が続くと、どのような影響が出るのか、知らないと、大変な事態になります。
老後の生活・準備

国民年金第3号被保険者

国民年金第3号被保険者は、不公平感がある、との事で様々議論がされています。一方で大事なのは届出です。特に第3号から第1号に変更になる場合は、しっかり届出をしておかないと、将来的に無年金や低年金になる可能性がありますのでご注意です。
老後の生活・準備

国民年金第2号被保険者

国民年金第2号被保険者とは会社員や公務員が加入している厚生年金保険の被保険者の事です。第1号被保険者とは違い、将来の年金額を確実に増やす手段があります。知らないと損ですよ。
老後の生活・準備

国民年金第1号被保険者

国民年金にはお仕事の形態等により3つの種別があります。その中で第1号被保険者とは主に自営業者や農業者、学生等が対象になります。第1号特有の有利な制度もありますので上手に活用する事で老後の生活にも大きく影響します。
老後の生活・準備

離婚年金分割

離婚年金分割という言葉を聞いただけで、離婚しても安心、と勘違いされる主婦の方は多いかもしてません。その多い勘違いについて解説をさせて頂きます。
老後の生活・準備

年金が減額される60歳以上が働くときの注意点とは?

今60歳の方は、特別支給の老齢厚生年金を受給する事はできます。しかし、働きながら年金を受給すると、一定の収入を超えると、年金が一部停止になる可能性もあります。それを踏まえて、60歳の働き方、何歳から年金を請求すればいいのか、ご提案させて頂きます。