老後の生活(年金・離婚・障害)

老後の生活(年金・離婚・障害)

国民年金第1号被保険者

国民年金にはお仕事の形態等により3つの種別があります。その中で第1号被保険者とは主に自営業者や農業者、学生等が対象になります。第1号特有の有利な制度もありますので上手に活用する事で老後の生活にも大きく影響します。
老後の生活(年金・離婚・障害)

年金裁定請求書

年金は自分で請求しないともらえません。そして、その書類が「年金裁定請求書」です。では、何歳から請求をするのがベストなのか。年金の請求は時期を遅らせる事で年金額を増やす事ができます。これを「繰下げ請求」と言います。日本年金機構から届いた書類をそのまま提出するのではなく、いつ請求する事が自分にとってベストなのか。大事です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後資金が貯められない人が見直すべき3つのこと

老後資金を貯めなければならないのは分かるけど、中々できない方が多いです。そんな方に見直しをして頂きたい3つの事。そして、老後資金がなければ非常に危険である事。今、具体的にどの程度のお金の準備が必要なのか、、年代別にご提案させて頂きました。
老後の生活(年金・離婚・障害)

親が貧乏な老後を迎えたら、子供がするべきこと3つの改善案

親が貧乏のまま老後を迎えた場合、子供としてするべき事は何なのか。3つの観点から改善策をご提案です。しかし、大事な事は、老後を迎える前にできる事は何なのか。今、子供の立場で真剣に考え、行動する時期なんです。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後を心配しすぎる必要はない!お金のプロが伝える無理のない資産形成

「老後破産」、「老後貧乏」、等々、老後生活を迎える前から不安を抱く情報が入ってきます。しかし、老後生活は、それ程深刻に考える必要はありません。何事も基本が大事なのです。その基本通りに行動すれば、老後生活は安泰です。では、その基本とは何か・・・。
老後の生活(年金・離婚・障害)

年金以外の老後生活を豊かにするための3つの方法

今の時代、年金だけで生活できる方は、ほんの一部です。現実、今の年金生活者の収支は赤字です。では、年金以外で老後生活を豊かにする方法はあるのか。あるのです。その3つの方法について解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

離婚年金分割

離婚年金分割という言葉を聞いただけで、離婚しても安心、と勘違いされる主婦の方は多いかもしてません。その多い勘違いについて解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

年金が減額される60歳以上が働くときの注意点とは?

今60歳の方は、特別支給の老齢厚生年金を受給する事はできます。しかし、働きながら年金を受給すると、一定の収入を超えると、年金が一部停止になる可能性もあります。それを踏まえて、60歳の働き方、何歳から年金を請求すればいいのか、ご提案させて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

トンチン年金

トンチン年金とは、長生きすればするほど、お得な個人年金保険ですが、ほとんどの方は損が予想される商品です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

貯金がない状態で老後を迎えると、一体どんな生活になる?

貯金がない状況で老後を迎える事は、出口の見えないトンネルに入る事です。 今、50代の世帯の約3割が貯金なしの状況です。これを放置すると10数年後に見えてくるのは、老後破産です。そうならない為に、今なすべき事は何か。まずは「お金の勉強」です。