投資信託

投資信託

投資信託営業の問題点、回転売買とは

投資信託の営業現場で行われているのが「回転売買」です。投資の基本の1つである「長期」を無視した手法であり、それが金融機関の主導で行われているのであれば大きな問題です。その実態に迫ります。
投資の基本

投信の成績表

金融庁の要請により実現した「投信の成績表」。初の全社開示。この情報をどのように活用すればいいのか、数字から読み取れる真実とは・・・。
投資信託

投資信託

投資信託は投資の中心となる運用商品です。少額から、幅広い銘柄に分散投資が可能ですので、基本的なしくみ、リスク、手数料等を正しく理解した上で、効率良く運用したいですね。
投資信託

NISA

NISAは2014年1月1日から始まった、投資の新しい非課税制度です。金融商品は基本的に運用成績に対して、20.315%の税金が取られます。NISAは一定金額までは、税金がかかりませんので、正しい知識を身につけて、効率的に運用したいものです。
投資信託

インベスターリターン(IR)

投資信託の成績を示す指標に「トータルリターン」があります。しかし、この指標だけでは、実際に投資家全体の損益は分かりません。そこで注目されている指標が「インベスターリターン」です。この2つの指標を比較する事で投資成績の全体象が分かります。
投資信託

ファンドラップ

最近、急増する「ファンドラップ」。特に、投資初心者向けにサービスが提供されているようです。 果たして、その中味に問題がないのか。検証が必要な商品です。
投資信託

目論見書

目論見書は、株や投資信託を購入する際の大事な確認事項になります。全てを理解する事は困難ですが、最低限の確認事項は理解しておきたいものです。
投資信託

ノーロード投信

日本の投資信託の手数料は高い、との批判があってか、最近増えてきたのが「ノーロード投信」です。 しかし、販売手数料だけで判断するのではなく、信託報酬や年率等も含めて総合的に判断をする事が重要です。
投資信託

信託報酬

信託報酬は、投資信託に必要な手数料ですが、日々自動的に運用資産の中から引かれますので、ほとんの方は引かれる実額を知りません。一度計算をすれば、その大きさに愕然とします。但し、信託報酬が低ければいいというものでもありません。そのポイントを押え、総合的に判断をする事が大事です。
投資信託

ある証券営業マンから「あなたにぴったりのファンドがあります」と言われたら

金融商品に完璧な商品、ファンドはありません。特定の商品、ファンドに集中投資するのではなく、分散投資により、リスクを最小限に抑えながら利益を増やすのが基本です。