ドルコスト平均法

お金を増やす(金融商品)

投資初心者にお勧めの「つみたてNISA」の魅力とは

つみたてNISAは投資初心者にはお勧めの金融商品です。複雑なイメージがありますが、実はシンプルなのです。最初のしくみ作りができれば、以後はほったらかしでOKです。そんな、つみたてNISAの魅力についての解説です。
経済(金利・為替・株価)

市場が急変時の時期の投資の考え方

米国の政策金利引下げ、更に米中の貿易戦争は解決の出口が全く読めない状況の中、投資初心者の方から「今の時期は投資は控えた方がいいのでしょうか・・・」との相談も頂いております。 残念ながら、それは賢い選択とは言えません。その根拠について解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

ドルコスト平均法で失敗しない為の2つの大事な考え方とは

金融庁が推奨する「貯蓄から資産形成へ」に向けて、具体的な手法が「ドルコスト平均法」になります。しかし、ただやればいいというものではないのです。注意点もあるのです。では、失敗しない為の2つの考え方についての解説です。
お金を増やす(金融商品)

米国債を購入するならいつがベストタイミング?為替と金利は重視すべき?

米国債に興味はあるが、為替や金利が気になり、いつ買えばいいのか良く分からない方が多いようです。米国債を購入するベストタイミングはあるのか。解説です。
お金の勉強・基本

小学生でも分かる投資信託:インデックスファンド、アクテイブファンドとは

投資信託を始めようと思っているが「インデックス型」「アクテイブ型」という言葉にぶつかり、何がどうなっているのか分からずに止まっている方が多いのが現実です。この「インデックスファンド」「アクテイブファンド」とは何なのか?結局、どっちがいいのか。解説です。
お金を増やす(金融商品)

積立投資にもデメリットはある!ドルコスト平均法の弱点は?

金融庁の推奨する「積立投資」。しかし、ただ漠然とやれば利益だ出る訳ではありません。金融商品に完璧な商品はありません。必ずメリット・デメリットはあります。デメリットを理解した上で行動する事が大事です。では「積立投資」のデメリットは何か?
お金を増やす(金融商品)

時間分散

投資の基本は分散投資です。そして、何を分散するのか。その1つが「時間分散」です。 一度にまとめて運用する事で大きな利益を出せる場合もありますが、毎月コツコツと積上げていく「積立投資」は、今の時代の有力な運用手段です。
お金を増やす(金融商品)

インベスターリターン(IR)

投資信託の成績を示す指標に「トータルリターン」があります。しかし、この指標だけでは、実際に投資家全体の損益は分かりません。そこで注目されている指標が「インベスターリターン」です。この2つの指標を比較する事で投資成績の全体象が分かります。
お金を増やす(金融商品)

分散投資とは?わかりやすく解説します

分散投資とは大きく、資産と時間を分散する投資手法です。なぜ、分散投資が必要なのか?今、日本国内だけで資産を増やす事はできない状況です。世界に目を向けあらゆる資産に分散する事がリスクを抑えながら確実に増やす手法なのです。
お金を増やす(金融商品)

「ドルコスト平均法」が必要な理由を解説します

ドルコスト平均法とは、毎月決まった金額を投資する手法です。今や、時代は大きく変わりました。国の年金だけで老後生活を送る事は不可能です。若い時期から「ドルコスト平均法」を利用し、計画的に老後資金の準備をする事が大事です。