ファンド

お金を増やす(金融商品)

SBI証券でiDeCoを始める時、厳選された10のファンドとは

金融市場が不安定な時代。こんな時に威力を発揮する金融商品の代表が「ideCo」になります。 しかし、いざ始めようと思っても、そこには大きな壁があり、止まってしまう方が多いが現実です。 そこで、今回は仮にSBI証券でiDeCoを始める時のファンドの選定基準と、具体的に選定された9つのファンドを紹介です。
お金を増やす(金融商品)

投資初心者に優しい米国ゼロクーポン債の3つの魅力

米国と比較しても、国民の金融資産が中々増えない日本。その根本原因は、やはり投資教育ができず、投資に関しての誤解が最大の要因です。 しかし、投資の知識がなくても、安心して投資ができる金融商品もあるのです。それが米国ゼロクーポン債です。投資初心者でも安心できる3つの魅力について解説です。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAの銘柄変更時の注意点と損をしないための考え方

既に積立NISAに取り組んでいるが、このまま淡々と続けていいのか分からない。銘柄変更がいいと聞いたこともあるが、どういう基準で銘柄変更をすべきかの判断がつかない。そんな方への解説です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

晩婚/高齢出産家庭は老後破産のリスクに注意!しっかり老後資金を準備する方法

いまや3人に1人が高齢出産の時代になりました。そして、晩婚・高齢出産に潜む最大のリスクは老後破産です。なぜか?その原因を早い段階で理解し、行動する事で、老後破産は回避をする事ができます。
お金を増やす(金融商品)

積立投資にもデメリットはある!ドルコスト平均法の弱点は?

金融庁の推奨する「積立投資」。しかし、ただ漠然とやれば利益だ出る訳ではありません。金融商品に完璧な商品はありません。必ずメリット・デメリットはあります。デメリットを理解した上で行動する事が大事です。では「積立投資」のデメリットは何か?
お金を増やす(金融商品)

投資信託営業の問題点、回転売買とは

投資信託の営業現場で行われているのが「回転売買」です。投資の基本の1つである「長期」を無視した手法であり、それが金融機関の主導で行われているのであれば大きな問題です。その実態に迫ります。
お金を増やす(金融商品)

30代のフリーランス必見! iDeCo ファンドの選び方

金融庁の推奨もあり、若い世代を中心に注目されている金融商品の代表が「iDeCo」です。しかし、非常に優れた金融商品ではありますが、多くの方が、口座開設から先に進む事ができません。その壁が「ファンドの選択」です。どういう基準でどのファンドを選べばいいのかが分からないのです。では、そのポイントは何か・・・。
お金を増やす(金融商品)

50代の初心者でも分かる つみたてNISA ファンドの選び方

金融庁も推奨する「積立NISA」。しかし、いざ行動しようと、ネット証券で口座開設までできても、そこから先が進めない方が多いのです。いわゆる「ファンドの選択」です。では、どうやってファンドを選べばいいのかを解説させて頂きます。
税金

つみたてNISAで税金はかかる?確定申告の時は何をすればいいの?

金融庁が推奨する金融商品が「積立NISA」です。長期・分散・積立という投資の基本を兼ね備えており、ファンドも金融庁の厳しい選定基準をクリアした商品です。では、実際に税金はかかるのか。確定申告は必要なのか?
お金を増やす(金融商品)

時間分散

投資の基本は分散投資です。そして、何を分散するのか。その1つが「時間分散」です。 一度にまとめて運用する事で大きな利益を出せる場合もありますが、毎月コツコツと積上げていく「積立投資」は、今の時代の有力な運用手段です。