ファンド

お金の勉強・基本

シャープレシオの数字の見方は?目安は?初心者でもわかります!

投資信託を始めたい。そして、スタートの段階で悩むのがファンドの選択です。何を基準に選べばいいのか?特に初心者にはハードルが高いのです。しかし、初心者でも判断できる投資の指標があります。その1つが「シャープレシオ」です。
公務員

公務員のiDeCo加入での節税効果は1,000万円以上も可能!

公務員がiDeCoに加入した場合のメリットは自営業や会社員に比べて少ないと思われています。それは事実ではありますが、やり方次第では、実は大きな節税をする事ができます。その節税金額が1,000万円以上になる可能性もあります。その手段を解説です。
お金の勉強・基本

投資信託の基準価額は高い方がいいのか?購入する前の注意点は?

投資信託の基準価額は、毎日新聞や証券会社のHPで確認できます。そして、毎日価額は変動します。では、基準価額は単純に高ければいいのか。 そして、購入する前の注意点についての解説です。
お金の勉強・基本

投資信託の基準価額とは?基準価額が変動する要因を徹底解説!

投資信託の基準価額とは、投資信託の値段の事です。よく株価とも比較されますが、変動要因もしくみも大きく違います。そして、買い手が多ければ株価は上昇しますが、基準価額は必ずしも上昇しないのが、大きな特徴です。
お金を増やす(金融商品)

シャープレシオのランキングから投資信託を購入する手段を解説!

2020年7月末現在の公募投信のファンド数は5,931本です。この中から優秀なファンドを選ぶ手段として「シャープレシオ」のランキングを活用しての購入方法について解説です。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAのデメリットを知った上でも始めた方がいい方とは

金融商品に完璧な商品はありません。大事な事はメリットもデメリットも理解した上で、複数の商品で分散投資をする事です。特につみたてNISAはデメリットがあろうが、始めた方がいい方がたくさんおります。その詳細について解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCo(イデコ)の手数料が安い金融機関を解説します

iDeCo(イデコ)は金融庁推奨の金融商品であり、老後資金準備の最強商品です。一方で、手数料も複雑で分かりづらいのが実態です。知らないままiDeCoを初めても、同じ運用成果でも、手数料の違いで大きな差になり事もあります。では、どこの金融機関が安くてお勧めなのか、解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCo(イデコ)を始める時、おすすめの3つの金融機関はここだ!

老後資金準備のための最強の金融商品がiDeCoになります。しかし、多くの方が、どこの金融機関を選べばいいのかが分からいのです。iDeCoを販売できる全金融機関の中から、どのような基準で選べばいいのかを解説です。
お金を増やす(金融商品)

楽天証券のiDeCoのファンドの選び方をわかりやすく解説

新型コロナウィルスの感染拡大の中、証券会社に口座を開設される方が増えております。特に、iDeCoやつみたてNISAに申込を希望する方が多いようです。一方で、ファンドの選択が難しく、中々前に進めない方も多いようですので、楽天証券でiDeCoのファンドの選び方について解説です。
お金を増やす(金融商品)

コロナショックで元本割れリスクの高い「ノックイン投信」を解説

日経平均株価に連動する「ノックイン投信」。多くの方がその仕組みを理解しないままに購入をされ、トラブルになる事例も起きております。では、何がメリットでデメリットなのか、どの場合に損失を被るのか、解説をさせて頂きます。