フリーランス

老後の生活(年金・離婚・障害)

国民年金第1号被保険者

国民年金にはお仕事の形態等により3つの種別があります。その中で第1号被保険者とは主に自営業者や農業者、学生等が対象になります。第1号特有の有利な制度もありますので上手に活用する事で老後の生活にも大きく影響します。
自営業・フリーランス

年金を増やす裏ワザがある!会社員・フリーランスの年金支給額の増やし方

人生100年時代を迎える上で、大切なのはやはり年金です。年金を増やす知識を若い段階で理解し、具体的に実行する事で、老後生活は大きく変わります。そのヒントを学びませんか。
自営業・フリーランス

フリーランスの老後に必要な自己資金は4000万円!工面する方法は?

最近、フリーランスの方が増えてきました。では、フリーランスの老後に必要な自己資金はいくらなのか?ずばり4,000万円です!その根拠について・・・。
自営業・フリーランス

フリーランスの女性が知っておくべき3つの大事な事

フリーランスの方が増えてきました。そして、フリーランスの方が知っておかないとならない、最低限の大事な事について。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoを援護射撃

iDeCoは、金融庁が推奨する有力な積立投資商品です。しかし、お金の教育ができていない日本では、そのしくみが国民に十分に理解されていません。では、そのポイントについて解説させて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

2018年は人生100年時代のマネー元年

2018年は、お金を増やす環境が最高なんです。そのしくみを理解した上で、効率よく活用したいですね。
自営業・フリーランス

「年金の開始時期は超重要」ーフリーランスの皆様へ

年金を65歳からもらうのか。もしくは60歳から、あるいは70歳から、もらう時期により生涯もらう年金額は大きく変わります。つまり年金の開始時期は、超重要なんです。
自営業・フリーランス

自営業・フリーランスの方必見!自分年金の時代です!

自営業・フリーランスの方とサラリーマンの方と何が違うのか。大きな違いは退職金と年金です。ですので、老後資金は早い時期から自分で準備をしなければならないのが、自営業・フリーランスの方の宿命です。具体的にはiDeCo、積立NISA、変額保険等、複数の金融商品による分散投資が必要な時代です。
自営業・フリーランス

自営業、フリーランスの方必見!国民年金のお得な制度

国民年金を漠然と払っていませんか?実は、払い方を変えるだけでお得な制度があるのです。知らないと損ですよ。