世界経済

お金を増やす(金融商品)

GPIF

国民の皆さんが、毎月払っている年金保険料は、国で一括で投資運用されています。その運営する組織がGPIFです。運用のプロ集団が安全且つ効率的に保険料を増やしております。
生命保険・介護保険

学資保険をお勧めしない理由を解説します

日本人の多くの方が加入をしている学資保険。本来、運用商品は利率、利回り表示をするべきなのに、返戻率でしか表示をしない理由。なぜ、学資保険は運用利率が低いのか、他に教育資金の準備手段はないのか。あるのにあまり語られない手法は何なのか・・・。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後資金の準備はいつからが望ましいか

老後資金の準備は年代によって行うべきポイントが異なります。50代の場合は、老後資金を増やす最後のチャンスである一方で教育費がピークを迎える年代。積立投資がおすすめです。40代は教育費や住宅ローンなど大きなお金が動く時期ですが平均所得自体は高いので、ボーナスの活用や住宅ローン減税の活用で老後資金の準備をするのがおすすめです。30代は幼児関連費が多くなりますが、補助金制度の利用によって、老後資金の準備を始めることも可能。長期間で分散投資する老後資金準備においては、始める早さがポイントです。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoとは何ぞや?初心者でも分かるやさしい解説

金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。そのiDeCoについて、初心者でも分かるやさしい解説です。