信託報酬

お金を増やす(金融商品)

投資初心者に優しい米国ゼロクーポン債の3つの魅力

米国と比較しても、国民の金融資産が中々増えない日本。その根本原因は、やはり投資教育ができず、投資に関しての誤解が最大の要因です。 しかし、投資の知識がなくても、安心して投資ができる金融商品もあるのです。それが米国ゼロクーポン債です。投資初心者でも安心できる3つの魅力について解説です。
お金を増やす(金融商品)

目論見書

目論見書は、株や投資信託を購入する際の大事な確認事項になります。全てを理解する事は困難ですが、最低限の確認事項は理解しておきたいものです。
お金を増やす(金融商品)

ノーロード投信

日本の投資信託の手数料は高い、との批判があってか、最近増えてきたのが「ノーロード投信」です。
お金を増やす(金融商品)

投資信託の信託報酬の仕組みをわかりやすく解説します

信託報酬は、投資信託に必要な手数料ですが、日々自動的に運用資産の中から引かれますので、ほとんの方は引かれる実額を知りません。一度計算をすれば、その大きさに愕然とします。但し、信託報酬が低ければいいというものでもありません。そのポイントを押え、総合的に判断をする事が大事です。
お金を増やす(金融商品)

インデックス投資とは?わかりやすく解説します

インデックス投資は金融庁も推奨する手頃で手数料も安い投資方法です。しかし、一方で大事なポイントはやはりファンドの選択です。手数料だけでは判断できません。どの資産に分散投資されているのか、事前確認が大事です。
経済(金利・為替・株価)

日経平均株価

日経平均株価とは日本を代表する225銘柄の平均株価であり、日本を代表する経済指標でもあります。しかし、この指標だけで株式市場の判断をするのではなく、時価総額や騰落レシオ等を時系列で見ながら、更に経済全体の流れを適格に判断する事が大事です。
お金を増やす(金融商品)

ファンドとは?分かりやすく解説します

投資信託と言えば「ファンド」ですが、最近は少額からお手軽にできる積立投資が普及してきました。一方で一番の難関が「ファンドの選択」です。日本はお金の教育ができておりませんので、まずは「お金の勉強」が必要になります。