在職老齢年金

公的年金

誰にも聞けない特別支給の老齢厚生年金のしくみとよくある誤解を解説

複雑な年金制度を理解できない方が多いのが現実。 特に、2つの老齢厚生年金。1つは特別支給の老齢厚生年金。もうひとつは本来の老齢厚生年金です。実は、しくみが全く違うのです。特に誤解の多い「特別支給の老齢厚生年金」について、よくある誤解を解説です。
公的年金

働きながら年金をもらうと損なのか?在職老齢年金の勘違いを解説

2019年は老後2000万円問題から始まり、これからの年金制度について、国内で大きな議論となりました。特に、働きながら年金をもらう「在職老齢年金」については、賛否が分かれ、政治の世界を超え、国民の間でも注目をされました。一方で勘違いが多いのも現実です。そのよくある勘違いについての解説です。
公的年金

老後2000万円問題で起こっている、公的年金の3つの勘違いとは

2019年は、「老後2000万円問題」を発端に、国民が真剣に老後資金について考える年になりました。一方で、老後資金作りの柱である「公的年金」は制度が複雑な為、正しく理解されている方は少なく、国会議員でも勘違いをされている方が多いのが現実です。本日は、公的年金で大事な3つの基本について解説をさせて頂きます。
公的年金

国民年金・厚生年金を増額するためにできる4つのこと

「年金増額」、人生100年時代の準備にあたり最大の関心は、やはり年金を増やす事です。では、具体的にどうすれば年金を増やす事ができるのか、4つのできる事。誰にでもできます。
公的年金

中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

年金制度は大事な制度なんですが、複雑で理解する事が困難です。そこで、中学生でも簡単に分かる年金の仕組みを解説させて頂きます。
公的年金

在職老齢年金の仕組みを解説です

働きながら厚生年金を受給する場合に、ある一定金額を超えると、年金の支給が停止されます。これを「在職老齢年金」と言います。ですので、まずは、年金のしくみを正しく理解した上で、早い段階から100歳人生の準備が必要なのです。