年金制度

老後の生活(年金・離婚・障害)

老後を心配しすぎる必要はない!お金のプロが伝える無理のない資産形成

「老後破産」、「老後貧乏」、等々、老後生活を迎える前から不安を抱く情報が入ってきます。しかし、老後生活は、それ程深刻に考える必要はありません。何事も基本が大事なのです。その基本通りに行動すれば、老後生活は安泰です。では、その基本とは何か・・・。
老後の生活(年金・離婚・障害)

年金が減額される60歳以上が働くときの注意点とは?

今60歳の方は、特別支給の老齢厚生年金を受給する事はできます。しかし、働きながら年金を受給すると、一定の収入を超えると、年金が一部停止になる可能性もあります。それを踏まえて、60歳の働き方、何歳から年金を請求すればいいのか、ご提案させて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

年金制度が破綻する確率が0.1%以下である根拠

今の若い世代に多い年金への不信感、未納問題。果たして将来年金制度は破綻するのかどうか、あらゆる角度から研究した結果、0.1%以下です。その根拠とは。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後に年金だけで生活することは可能?

老後に年金だけで暮らしていくことができるのは1%以下ともいわれています。現在年金生活をしている老夫婦でも赤字が出ている状態で、今後は年金減額などによってさらに年金のみでの生活が難しくなります。記事では最低限必要な老後の生活費や年金だけで暮らした場合のシミュレーションをしています。
老後の生活(年金・離婚・障害)

今の年金生活者の実態とは

今の高齢者の年金生活費の収支は、約5万5千円の赤字です。では、その赤字の要因は何なのか?更に生活に困窮する高齢者、生活保護を受給される高齢者が増えています。その実態を解説です。