教育資金

世代別ライフイベント

30代の貯金平均額は529万円!独身・既婚別に紹介

30代は人生の中でも、結婚、出産、住宅購入と大きなライフイベントが続きます。そして、当然大きなお金も動きます。ではそんな状況で30代の貯蓄額はいくらなのか。これから将来、どんなライフイベントが待っているのか。更に解決方法はあるのか?
生命保険・介護保険

学資保険をお勧めしない理由を解説します

日本人の多くの方が加入をしている学資保険。本来、運用商品は利率、利回り表示をするべきなのに、返戻率でしか表示をしない理由。なぜ、学資保険は運用利率が低いのか、他に教育資金の準備手段はないのか。あるのにあまり語られない手法は何なのか・・・。
世代別ライフイベント

新婚の時、保険はどうすればいいのか?お勧めの保険の選び方

新婚さんに準備して頂きたい保険。それは、医療保険ではありません。その最優先事項が教育資金であり、老後資金の準備です。では、その根拠、具体的な方法についての解説です。
お金を増やす(金融商品)

教育資金はどう準備すればいいのか?今からできる2つの方法

かつて、教育資金といえば学資保険でした。しかし、今の時代は効率の悪い商品です。では、賢い教育資金の準備方法はあるのか?2つの方法についての解説です。
世代別ライフイベント

30代で知っておきたいお金の知識とは

30代は、結婚資金、出産資金、そして、住宅資金と、人生の中でお金が大きく動く時期です。ですので、効率よく行動しなければ、大きな損失になる事もあります。特に住宅資金は銀行に相談する前に、お金の専門家に相談する事が大事です。その理由とは・・・。
お金を増やす(金融商品)

学資保険は要りません!賢い教育資金の準備とは?

教育資金の準備といえば、多くの方が利用しているのが学資保険です。しかし、残念ながら今の時代は効率の悪い商品です。では、今の時代の効率のよい教育資金の準備方法とは何か?解説をさせて頂きます。
世代別ライフイベント

結婚をしたら考えるこれからのお金の事

結婚したら、まず考える事は何か。教育資金、住宅資金、老後資金、続々とお金の現実が待っています。では、いつから準備するのか?結婚したら、すぐです。その根拠について。
生命保険・介護保険

学資保険は必要か?

お子様が生まれ、将来の教育資金として、多くの方が利用されているのが、学資保険です。しかし、今の時代は非常に効率の悪い商品になりました。