認知症

家族信託

認知症の親のお金を管理するために覚えておきたい2つの方法

急速に増えている認知症患者。では、自分の親が認知症になった場合、お金の管理はできるのか?そして、認知症になる前にやるべき対策はないのか。最低限覚えておきたい2つの方法とは。
お金を増やす(金融商品)

休眠預金

長い期間、放置された通帳。その数約6000億円。国はこのお金を社会事業に有効活用できるように法律を作りました。それが、「休眠預金等活用法」です。さて、自分の通帳は大丈夫なのか?
相続・事業承継

生涯独身になったら、相続はどうすればいい?

生涯独身になる方が増えております。 では、独身の方が亡くなったら自分の財産はどうなるの? 自分の死んだ後の事は関係ないでは済まされ事もあるのです。 そして、実は亡くなる以上に怖いのが認知症です。 その対策について・・・。
相続・事業承継

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、費用がかからず、手軽にできる遺言ではありますが、要件を満たさない場合等、無効になる可能性も高いのです。遺言を作成する前に、どの手段が一番いいのか、比較検討する事が大事です。
生命保険・介護保険

90歳でも入れる医療保険、本当に必要なのか??

90歳でも入れる医療保険、本当に必要なのでしょうか。日本の社会保障制度は充実しております。且つ、高齢者の方の保険料も高額になります。そもそも、生命保険は、健康で若い時に加入するものです。
家族信託

真田丸に学ぶ家族信託の必要性

認知症という病気は、今の時代避けて通る事はできません。では、認知症になった時に何が困るのか。特に法律行為ができなくんりますので、アパートオーナーの方は、アパート経営ができなくなります。そこで、それを事前に解決できるのが、家族信託の制度です。