遺言書

相続・事業承継

生涯独身になったら、相続はどうすればいい?

生涯独身になる方が増えております。 では、独身の方が亡くなったら自分の財産はどうなるの? 自分の死んだ後の事は関係ないでは済まされ事もあるのです。 そして、実は亡くなる以上に怖いのが認知症です。 その対策について・・・。
相続・事業承継

争族

争族とは資産のある家庭に起こる事であり、自分には関係ない、と思われている方が多いのです。しかし、実態は、普通の一般家庭で争族が発生しております。その理由と対策についてまとめました。
相続・事業承継

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、3つの遺言の中で一番取り扱いの少ない遺言の手段です。それは、手間ひま、費用を掛けながらも、安全性、確実性に欠けるからです。相続後の起こりうるトラブル防止の観点からのお勧めは公正証書遺言です。
相続・事業承継

公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言の中で、最も安全で確実な遺産相続の手段になります。しかし、一方で3つのデメリットもあります。その内容を理解した上で、自分に合った事前準備をする事が大事です。
相続・事業承継

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、費用がかからず、手軽にできる遺言ではありますが、要件を満たさない場合等、無効になる可能性も高いのです。遺言を作成する前に、どの手段が一番いいのか、比較検討する事が大事です。
家族信託

真田丸に学ぶ家族信託の必要性

認知症という病気は、今の時代避けて通る事はできません。では、認知症になった時に何が困るのか。特に法律行為ができなくんりますので、アパートオーナーの方は、アパート経営ができなくなります。そこで、それを事前に解決できるのが、家族信託の制度です。
相続・事業承継

磯野家に学ぶ相続の基本 ①相続人とは

相続が発生した、正式な相続人は誰になるのか?その基本を学びます。
生命保険・介護保険

団体信用生命保険の落とし穴

団体信用生命保険は、住宅ローンを借りる際は、必須の条件になります。万一借主が亡くなられた場合は、ローンは全て、保険で完済されますので、非常に有り難い保険です。一方で、意外な落とし穴もあります。知らないと大変な事になります。
相続・事業承継

相続が発生した時にやらなければならない事

相続は、長い人生の中でも、何度も経験できるものではありません。ですので、いざ相続が発生すると、何をしなければいけないのか、分からない方が多いです。ポイントを整理しました。